KEC外語学院ブログBlog

ていねい表現セミナー

みなさん、こんにちは。
お久しぶりです、Keiです。
先日の9月8日(日)にKEC外語学院梅田校にて英語の「ていねい表現」セミナーが午前と午後の部で開講され、多くの方が参加されました。
英語は日本語ほどていねい表現が豊富というわけではありませんが、それでもちょっとした表現の違いで、ニュアンスの違いを伝えることができます。
企業のコールセンターのオペレーターが“How may I help you?”と言う。近所の食料品店の店員さんが“What can I get you?”と言う。
ちょっとした表現の違いをあらかじめ学んでおくことで、旅先や出張先でnative speakerに実際にこうした言葉を掛けられた時、「なるほど」と思えてくるわけです。
こうした納得できる気持ちが、次の学習へのmotivationになりますし、実際に自分でもていねい表現を使ってみようという目標設定にもなります。
Theory & Practiceのサイクルを是非みなさんも回していってください。
Kei

関連情報