KEC外語学院ブログBlog

ゆっくり、ゆったり、語源で英単語!

初めまして、学院長の水守勤三です。10数年前に、ふとした切っ掛けから、自分の語彙力強化に取り組んでみようと思い立ちました。試行錯誤を経て、『語源』に辿り着きました。『語彙力アップには語源が有効』と断言できるまでには、2年近くが必要でしたが、現在では、自分自身については、『語源的に考えること無しに英単語と向き合うことは不可能』と言い切るところにまでになっています。また、適度なリードがあれば1ヶ月や2ヶ月で、『英単語って、意外と面白いのかも知れない』と感じて頂けると考えます。

英単語についてあれこれと思いを巡らすことの好きな人間が、肩に力を入れず楽しそうに話している、それをコーヒーでも飲みながら聞いて頂く、そんなコーナーになればと願っています。語彙力アップに意欲的な方はもちろん、英単語にあまり興味が持てないという方まで、どんな方にもお読み頂ければ幸いです。

初回と言えども、ご挨拶だけでは味もございませんので『語源で単語を見る』を少しだけ体験して頂きます。

まず、次の文を訳してみてください。
*She rarely exposes her feelings.
*He often imposes his opinion upon others.

『expose, imposeが難しい』と感じられたかも知れません。
辞書を引いて、expose:を人目にさらす、impose:を押し付ける、と知って、
*彼女は滅多に感情を表に出さない。
*彼はよく自分の意見を他人に押し付ける。
と意味をとって終わっておられるかも知れません。

しかし、それだけで、exposeやimposeの意味が記憶に残るでしょうか。
私は、それは難しいのではないだろうかと考えます。
そこで、辞書を使って少しだけ手間を掛けます。
大辞典になると、語源を紹介している欄があり、-poseに『置く』という意味が関係していると紹介しています。語源に興味をお持ちで無い方でも、『re-』という綴りを見ると、なんとなく『繰り返す』という感じをお持ちだと思います。それと同じような感じで、ex-やin-という接頭辞にもイメージを持っておられるのではないでしょうか。
ex-が『外(へ)』、in-が『中(へ)』という感じです。
expose=ex-+pose ⇒ 『外に置く』⇒『人目にさらす』
impose=in-+pose ⇒『中に置く』⇒『人の中に置く』⇒『押し付ける』
親戚に、propose, compose, suppose,opposeなどがいます。

『なぜ、in-ではなく、im-になっているのかな?』
『語源でやっても、poseに”置く”という意味があることを覚えないといけないのでは?』
色々、疑問を持たれることと思います。

次回以降で、順を追ってお話をしてまいります。
毎月、第1月曜と第3月曜を目標に、まずは、100話を目指してみようと思います。

末永く、お付き合いください。

関連情報