KEC外語学院ブログBlog

「中止になりました」を意味する英会話表現は?ー本日は台風接近のためお休みですー

英会話 意味

We have received a strong wind warning.の意味は?-役立つ英会話表現

こんにちは、Keiです。
本日は大阪府・京都府にて暴風警報が発令されておりますので全校舎休講です。
火曜日に正規の授業をご受講の方は、ご契約期間を延長させて頂きますのでご安心ください。
蛇足ですが「暴風警報が発令された」、を英語で表現するとこのようになります。
We have received a strong wind warning.
過去形を使っても通じますが、現在完了形を使うことで「直前に起こった出来事」の意味を正確に伝えることができます。
他の例:The meeting has been canceled.
   「ミーティングは中止になりました」

是非、実際の英会話シーンで使ってみてください。
お仕事帰りの方など、本日はお気をつけてお帰り下さい。
次週お会いできるのを楽しみにしております。
Kei

この記事の筆者

KEC外語学院KEC Foreign Language Institute

大阪・京都の英会話スクール KEC外語学院|初心者の日常英会話6カ月マスター~プロ・通訳レベルまで驚異的な上達を可能とする独自のTP指導方式で目標達成公約! 真剣に学習する人のみ募集!できなければ出来るまで、熱誠指導に一切の妥協なし!大阪[梅田/枚方]・京都[烏丸御池]でTOEIC・TOEFL・英検・通訳も学べる英会話教室です。各種講座の無料個別ガイダンス・無料合同説明会・無料体験レッスンも開催中!

 Facebook  Twitter  Instagram  Line@   はてなブックマーク

関連情報