KEC外語学院ブログBlog

ハロウィーンで必ず使われる挨拶があるので、英会話で使ってみましょう

             ハロウィーンで使う英会話の挨拶

ハロウィーンの挨拶

こんにちは、Keiです。企業のクールビズもほぼ終わりましたが、気温がなかなか下ってくれない今日この頃ですね。もうすぐハロウィーンですが、皆様はどのように過ごされますでしょうか。Trick or treat!!と言いながら、お菓子をねだるのがアメリカ式ですが、このTrick or treat!!はハロウィーンでのお決まりの挨拶と言っていいでしょう。このハロウィーンという催し物はマンションの多い日本の都市部では、別の様態に進化したようです。このtrickですが、そういうタイトルのドラマがあったり、もしくは騙し絵展のことをトリックアートと呼んだりするなど、日本語にも非常に馴染み深い言葉です。ミステリー小説に必ず出てくる単語であるとも言えます。treatは、名詞にするとtreatment、片仮名ではトリートメントとなります。こう書くと、シャンプーの後のトリートメント=手入れ、後処置であることが分かります。病気は何でもearly treatmentが肝心、という風にも使うことができます。

第一声は自分から

身近にある片仮名をヒントに、少しずつ表現の幅を広げていってみましょう。またKECには、自分でハロウィーンパーティーを主催しているアメリカ人教師もいます。会話のキャッチボールを長く続けるのは難しいことですが、会話の第一球を投げるのは誰にでも可能です。ハロウィーンの日のレッスンではHelloに続けてTrick or treat!!と言ってみて下さい。英会話の上達の為には、自分から声を出していくことが大切です。

Kei

関連情報