KEC外語学院ブログBlog

プロフェッショナル:英会話でも6カ月は努力を続けてみましょう

 

英会話 6カ月

A mile of a thousand miles begins with a single step.

こんばんは、Keiです。

上達のヒント


今、自宅で『プロフェッショナル 仕事の流儀』を観ました。
番組最後の大山健太郎氏のコメント、「知ってることとできることは違う。いくら知っていてもできなければ何の意味もない。最後まであきらめずにやりきることが、私はプロフェッショナルの条件だと思います」には感銘を受けました。

スクールというのは知識の伝授の場ではなく、知識を実践に結び付けることができようにするための練習の場であるべきだということを再確認させられました。KEC外語学院は日常英会話6カ月マスターを公約にしていますが、やはりプロではない、またはプロを目指してはいないという方も、6カ月は勉強、努力を継続してみるべきであると強く感じさせられました
というわけでKEC外語学院は今日からはこれまで以上にどんどん口頭英作練習をしていきます。よろしくお付き合いくださいませ。

追記
次回、3月3日月曜日の『プロフェショナル 仕事の流儀』は会議通訳者の長井鞠子さんが特集されています。
KECでも通訳養成コースが昨春から開講されており、これも必見ですね。
ちなみに長井さんはKeiの遠い先輩だったりします。要注目!
Kei

関連情報