KECが選ばれる理由驚異的な上達を可能にする
TP指導方式
(Theory⇔Practice) Reason 1

KECが独自に研究開発した「TP指導方式」は従来の「ネイティブ講師との自由会話を中心とした外国人偏重型」「シチュエーション別の英文丸暗記型」と異なり、「理論演習」と「実践演習」が緻密に融合した画期的な指導法です。

日本人講師による「理論演習」(Theory)とネイティブ講師による「実践演習」(Practice)のコンビネーションは、その頭文字から「TP指導方式」と命名されました。これら二つの演習は綿密な融合の基、交互に行われ、「理論」が「実践」に役立ち、「実践」が「理論」のより深い理解を促すという相乗効果を生み出します。そして、全くの初習者の6ヵ月間日常会話マスターから上級者の各種プロレベル到達まで、驚異的上達を公約しています。

TP指導方式について

理論Theory&実践 Practice 「日本人のための英会話」を最もよく理解している日本人講師による理論実習 英語を母国語とし、日本人に対する指導経験豊富なネイティブ講師による実践演習

「外国人との会話練習」や「留学」だけでは語学を習得できない事実

アメリカ言語学者の権威T.アンダーソン博士によれば、言語教育学上、0〜10歳時を「言語形成期」と呼び、「体験的に言語を習得する能力」を多く持ち合わせた時期とされています。一方、10歳時を過ぎると「体験的に言語を習得する能力」は次第に失われていき、反対に「論理的に言語を習得する能力」が上回り、20歳で完成します。

つまり、私達が日本語の会話を苦もなく体得できたのは、「言語形成期」という特殊な時期に日本で生まれ、日本語に囲まれて育ったからに他なりません。

この事実を知らず、英会話も同様に自然な体得と考え、単に海外生活を送ったり、国内で外国人と接触する機会を多く持つことのみを重視する人がいますが、「言語形成期」を過ぎれば「体験的に言語を習得する能力」は失われており、それだけでは大きな成果は望めません。「言語形成期を過ぎた人」は子供とは異なり、「論理的に言語を習得する能力」を活用し、理論も学ばなければならないのです。

論理的に言語を習得するとは?~大人は子供より早く英会話を習得できる~

では、論理的に言語を習得するとはどういうことでしょうか?誤解を恐れずに端的に言えば、文法を習得することです。英会話においては、英会話に必要な文法を会話の中で自由に運用できるようになることです。(知識として知っているだけでは意味がありません。)学校での文法が苦手であった方は文法を敬遠されたり、文法を十分に勉強したのに英語を話せない方は文法の学習に懐疑的かもしれません。しかし、それは日本の中学・高校での文法教育が主に受験対策の英文読解のためのものであり、会話のための文法の活用方法をほとんど教えられていないからです。

しかし、文法というのは「文の法則」つまり「文章のルール」です。このルールを抜きにして、言葉を話すことは絶対にできません。私達も日本語のルールに則って日本語を話しています。また、子供たちは一見ルールに関係なく、言葉を覚えているように見えますが、実は子供たちは幾多の試行錯誤を繰り返しながら、このルールを体験的に身に付けているのです。これが「体験的に言語を習得する」ということです。子供たちは、体験的言語習得能力は高いですが、失敗と成功を繰り返し試行錯誤しながらルールを覚えていきますので、時間が掛かります。逆に大人は論理性が高いですので、正しく教われば即座に理解できます。後はそのルールを会話の中で活用(ルールに則り相手の英文を理解し、自ら英文を発話)することができれば英会話を習得することができます。

最も効果的・効率的に英会話を習得できるオリジナル英会話メソッド「ECOP」

KECでは最も効果的・効率的に英語のルールを理解して、会話の中で活用できるようになるために、口頭英作トレーニングをオリジナル英会話メソッドECOP(English Constructions for Oral Practice)として確立しています。

まず英語のルールを理解する必要がありますが、何も受験勉強でするような重箱の隅をつつくような文法を勉強する必要はありません。KECでは長年の研究により日本人が最も効果的・効率的に英会話をマスターするための英会話のルールを厳選し、レベル別の体系的な構文集としてまとめました。この構文を習得し、組み合わせることで自由に英会話表現ができるようになるトレーニング教材としてECOPテキストを開発しました。

  • 英会話の短期習得のためにKECが独自開発したECOPテキスト

    日本人が効果的・効率的に英会話を習得するために必要な構文を厳選し、それらを組み合わせ使いこなし自由に英会話ができるトレーニングを行うECOPメソッドのための最適なテキスト。

    テキストに対応してネイティブスピーカーの声が録音された音声教材が付いていますので、正しい発音・イントネーションでECOPの構文を使ったトレーニングを行うことができます。

徹底した口頭英作トレーニング~英語で考えて、英語で話す?~

ECOPの構文を習得した後は、それを会話の中で活用できるようになるためのトレーニングを行います。ECOPの口頭英作トレーニングでは、与えられた日本語をECOPの構文を使って瞬時に英語を構成しながら発話するという練習を繰り返し行うことで、その構文を使用した英文を理解し、発話できるようにします。「英語で考えて、英語で話す」指導方法を採用しているスクールもありますが、いきなりネイティブスピーカーのように英語で考えようとしても現実的には不可能です。

KECでは現実的な英会話習得方法として、日本語を基にECOPの構文を使って英語を構成しながら発話する練習をします。ポイントは「その変換時間をいかに短縮するか」ということ。初めは変換に時間が掛かりますが、徹底したトレーニングを繰り返していくと、その時間が徐々に短くなり、更に進めて行くと瞬時に英語に変換され、英語で考えているネイティブスピーカーと同じテンポで会話ができるようになります。これは自分の頭の中で、自分の為の「同時通訳」をしている感覚に近いものです。そして、このトレーニングを続けていくと最終的には「英語で考えて、英語で話せる」ようになります。「英語で考えて、英語で話す」は英会話習得の結果であって、英会話習得のプロセスにはなり得ないのです。

ECOPメソッドにより多様な「レベル」「分野」「技能」の英語力が向上

レベル

ECOPはレベル別に構文が集約されているため、日常会話ができるレベルから、ビジネス、プロレベルまで、受講生の様々な習熟状況、目的に応じて、効率的に必要な構文を習得し、効果的に目標を達成することができます。

分野

ECOPの構文を活用できるようになれば、英語の構造はどの分野でも同じですので、後は語彙を増やせば、ビジネスや学問、政治・経済などのあらゆる分野の英語を話せるようになります。したがって、ECOPの口頭英作トレーニングの中で、構文の習得と共に、語源などを活用して語彙を膨らませていくトレーニングも行います。これにより、どのようなレベルのどのような分野でも英会話ができる能力を習得することができます。

技能

口頭英作は英語の根本であり、英語の技能の中で最も負荷の高い行為です。よって、ECOPの口頭英作トレーニングを行うことで、「スピーキング力」はもちろん、「話せれば聞けるのでリスニング力」「聞ければ読めるのでリーディング力」「話せれば書けるのでライティング力」の英語の4技能すべての向上が可能となります。

英語の4技能すべての能力が向上すれば、あらゆる英語の活動が可能になり、英語を使って活躍する機会が広がります。

「理論」と「実践」を融合させたTP指導方式による英会話力の飛躍的向上

日本人講師の「理論クラス」でECOPの構文を理解し、口頭英作トレーニングによりECOPの構文を使用して瞬時に英作ができるスキルを習得します。そして、理論クラスで習得したスキルをネイティブ講師の「実践クラス」で実際の会話の中で口頭英作スキルを実践することで、ECOPメソッドの実践力向上と定着が図られ、英会話力が飛躍的に向上します。

またKECは他校では高額で行われているネイティブ講師との自由英会話セッション「フリーカンバセーション」を無料で実施しています。KECは自由会話だけでは英会話は上達しないと考えていますが、理論を習得し、実践力を高めた後は、それを本番で発揮することで更なる能力の向上が期待できます。

英会話の習得はスポーツに似ており、例えば野球で言えばボールの投げ方やバットの振り方を覚えた上で、素振りや投げ込み練習を繰り返すことでスキルを習得し、練習試合でそれを活用し実践力を上げ、そして本番の試合でそれを発揮することで、効果的に能力が向上することと同様です。

理論クラス《 ECOPメソッドによる英会話スキルの習得 》

日本人講師による徹底した口頭英作トレーニング

ECOPの構文の理解と習得

初めにECOPの構文について講師から説明をします。この説明は5分~10分程度であり、残りの大半のレッスン時間はその構文の口頭英作トレーニングに充てられます。次のレッスンまでにその構文を宿題という形で自宅でも徹底的にトレーニングすることでその構文を完全習得します。

論理的に言語を習得した日本人講師による指導

この口頭英作トレーニングは、受講生と同条件下つまり日本語を母国語とし「言語形成期」を過ぎてから英会話をマスターした日本人講師によって行われます。ネイティブスピーカーは「言語形成期」の間に「体験的に言語を習得する能力」を用いて自然にマスターするに至った人です。つまり、「言語形成期」を過ぎた生徒が歩むべき学習プロセスと全く逆のプロセスを経ており、日本語を母国語とする人が外国語として英語を学ぶ際に必要な理論を論理的に教授するには不向きと言えます。

一方、日本人講師は「言語形成期」を過ぎてから「論理的に言語を習得する能力」を用いた人であり、生徒と全く同条件でマスターした人です。つまり、受講生が歩むべき苦難の道を先に歩み、日本語を母国語とする人がどうすれば英語・英会話をマスターできるのか、その方法を受講生の立場に立って熟知している人です。論理的に言語を習得したから、論理的な指導ができる日本人講師が「理論演習」には不可欠なのです。

  • 体験レッスン「give・get・have」

    「give・get・have」で様々な表現ができます。動画で例をご紹介します。

実践クラス《 ECOPメソッドによる口頭英作スキルの実践 》

ネイティブ講師による理論クラスと連動した実践クラス

理論クラスで習得した口頭英作スキルをブラッシュアップ
~理論と実践が連動していないと意味がない~

日本人が理論を指導し、ネイティブ講師が実践指導するというスタイルは他のスクールでも行われていますが、理論クラスと実践クラスが連動していないため、理論と実践の相乗効果を期待することができません。KECでは、日本人とネイティブの講師がプログラム開発から運営まで共同で行っているため、理論クラスと実践クラスを融合させて、高い相乗効果を生み出すことができます。

「ECOP For Practice Class」によるトレーニング
~More Quickly, More Creatively~

日本人クラスで習得されたECOPの構文を、実際の会話の中で使いこなすためのトレーニングを行います。

More Quickly:英会話における言葉のキャッチボールがよりリズムよく、よりスピーディーに行えるよう、ECOPの構文をよりQuickly(速く)に使いこなすためのトレーニングを行います。

More Creatively:与えられた日本語を口頭英作するだけでなく、自分の言いたいことを考えながら、英語で発話できるよう、ECOPの構文をよりCreatively(創造的)に活用するトレーニングを行います。

「ECOP Sound Check」により正しい発音とイントネーションを習得

英会話は音声を介して行われるため、いくら英語の知識やスキルが高くても、正しい音を発することができなければ、円滑なコミュニケーションが取れず、意味がありません。理論クラスで習得した口頭英作文の発音をネイティブ講師にチェックしてもらい、より正しい発音やイントネーションで使える口頭英作能力に変えていきます。

体験的に言語を習得しECOPに精通したネイティブ講師による指導

ECOPで習得した英会話スキルを文法的に合っているというレベルから、よりナチュラルな表現や発音にレベルアップするプロセスにおいては、体験的(自然)に言語を習得したネイティブスピーカーが適しています。但し、ネイティブスピーカーであれば誰でも良い訳ではなく、ECOPに精通した指導経験豊富なネイティブ講師が指導に当たる必要があります。

間違った学習方法はあなたの努力をムダにする

従来の「ネイティブ講師との自由会話を中心とした外国人偏重型」「英会話理論の欠落した日本人講師のレッスン」「シチュエーション別の英文丸暗記型」では、真の英会話能力を習得することはできません。

ネイティブ講師との自由会話を中心とした外国人偏重型

「ネイティブ講師との自由会話を中心とした外国人偏重型」とは、現在、主流の指導法の一つで、「フリータイム制」「チケット制」等のシステムを組み合わせ、日本人講師を全く使わず、外国人講師のみがマンツーマンやグループ形式でレッスンを行う方法です。このスタイルは学生時代に英語が苦手であったり、英語を勉強したのに英会話ができない人達にとって一見、魅力的に感じると思います。英語は義務教育で習いますので、すべての人達が英語を勉強しているはずです。にもかかわらず、多くの日本人が英語を話すことができていないので、「勉強しても英語は話せない」⇒「日本語は勉強しなくても習得できた」⇒「英語は勉強ではなく自由会話で習得するべき」という思考になることは理解できます。しかし、この考え方は一見正しそうですが「時間の概念」をまったく無視しています。「時期」と「時間数」の問題です。「時期」に関しては、日本語を自由会話で習得できたのはその時期が言語形成期であったからであって、言語形成期を過ぎた大人が英語を習得しようと同じ方法を取ったとしても同様の事象は起こりません。「時間数」に関しては、言語形成期にある子供達は、四六時中言語活動を行っているものの、それでもようやく日本語がまともな文章として話ができるのに10年程の歳月を必要とします。言語形成期を過ぎ、体験的に言語を習得する能力が低い大人が週に1回や数回40分のレッスンを受けたところで到底時間数が足りないことは明らかです。

このスタイルでは、初めの数回はネイティブ講師との会話に慣れますので、少し上達した気がします。そして、同じペースで上達すればその延長線上の1年後、2年後に英会話が凄く上達するイメージを描きますが、現実は1年間、2年間と英会話スクールに通った後に振り返ってみると、英会話力がほとんど伸びていない場合が少なくありません。「言語形成期を過ぎた人」は、受講生と同条件下で英会話をマスターした日本人講師から「理論演習」を受けなければ、すぐに行き詰まりを感じます。

体系的な英会話理論に基づかない指導法

KEC以外にも日本人講師とネイティブ講師を組み合わせてレッスンを行う学校がありますが、「体系的な英会話理論」に基づいていていなければ英会話力の大きな向上は期待できません。日本人講師によるレッスンが単に「シチュエーション別の英文の丸暗記型」であったり、単に英会話理論に基づかない従来の文法指導では話せるようになりません。

また、文法の指導やアドバイスがあったとしても、それが体系的な理論に基づいていなければ、部分的な知識が付くだけで、その知識を使いこなすことができないため、英会話の上達にはつながりません。ボールの投げ方が分からない状態で、肘の角度や膝の動かし方などを指摘されて余計に混乱する状況と同様です。そして、日本人講師のレッスンとネイティブ講師のレッスンがそれぞれ共通の英会話理論に基づいており、連動をしていなければ、理論と実践の相乗効果を期待することができません。

シチュエーション別の英文丸暗記型

「シチュエーション別の英文の丸暗記型」とは、ある特定のシチュエーションにおける対話文で書き並べたテキストを音読することにより、英文を丸暗記する方法です。たとえばビジネス英語という名のレッスンではプレゼンテーションやミーティングなどのシーン、日常会話のレッスンでは海外旅行や道案内などのシーンがあり、ダイアログ形式(1対1の会話形式)の教材やパターンプラクティス(英文の部分言い換え練習)でシチュエーション毎の英文を繰り返しリピートして、その表現を覚えようというものです。しかし、理論を介さない丸暗記では、暗記した英文のオウム返ししかできず、それ以上の発展はあり得ません。この手の初習者用のテキストを例に取れば、決まって次のような英文が載っています。

シチュエーション:電話対応(伝言をお願いする)

A:Hello. May I speak to Mr.・・・?
 (もしもし、・・・さんはいらっしゃいますか?)

B:He is not in now.
 (今、席を外しているのですが)

A:Well, may I leave a message?
 (それでは、伝言をお願いできますか)

確かに、このような日頃よく使う決まり文句であれば、丸暗記で用が足ります。しかし、この会話に続いて、いざ”message(伝言)”を伝えようとすれば、”message”の内容は無限にあり、全てを丸暗記することは到底不可能で、英文を自ら口頭で瞬時に構成する能力が要求されます。実際の会話では、このように丸暗記ではなく臨機応変に対処しなければならない部分が90%以上を占めています。つまり、本格的に英会話理論を習得することが「急がば回れ」で本当の早道と言えるのです。