受講生の声Voice

通訳養成コース Professional 受講生

KECでの英会話学習をきっかけに憧れの通訳になる夢が現実に!
通訳養成コースで更なるステップアップを図り、プロの通訳者へ

清水智子さん

英会話を学ぼうと思ったきっかけとKECを選んだ理由

会社で、TOEIC®の点数アップに応じて英会話スクールの授業料を補助してもらえる制度ができ、900点超えを目指すべく学校に通うことを決めました。英会話学校を探していた時に、「真剣に学習する人のみ募集」という広告を見つけ、「これが正に私が探していた英会話学校だ」と思い、KECを選びました。

KECで受講したレッスン内容

英会話コースは口頭英作と言って日本語の文章を与えられてすぐに英語を口頭で発話するという授業の進め方で、宿題も適度な量でもらっていて、とても楽しく学ぶことができました。先生方も面白かったです。もちろん、受講して半年後にTOEIC®のテストの点数も目標の900点以上をクリアすることができました。通訳養成コースでは、(英語から日本語に訳す練習をする)英日クラスの方は前半は英語の記事を読んで前から訳していくサイトラ(サイトトランスレーション)の訓練をまず行ないます。その後は音声、講演会やインタビューなどの音声を使って逐次通訳を進めて行きます。(日本語から英語に訳す練習をする)日英クラスでは、専門家のスピーチから対談まで幅広い分野の音声を使って逐次通訳を行なっています。

KECの良かった点

KECに入って良かった点は大きく2つあります。まず1つ目は先生が質問を大歓迎してくれることです。授業中は勿論のこと、授業外でも授業に関係ないことでも質問をメールしたら答えてくれる、という環境が整っていると思います。
2つ目は先生と学校のスタッフの方々がとても熱心で、熱意が伝わってくることです。
私にはプロの通訳になるという目標がありますが、KECに入る前までは叶わない夢のような感じでした。それがKECに入り通訳コースで学ぶことで確かな目標に変わったというのは本当にKECのおかげです。
長期間勉強を続けていると自分はもうダメかもしれないとか、伸び悩んでいると感じることもありますが、その度に先生が声を掛けてくれて、すごく勇気づけてくれますし、先生は私がプロの通訳になりたいということに対して全く諦めていないんです。先生が諦めていないから私も頑張ろう、という気持ちになれますし、それが目標に進む原動力になっています。

どのようにステップアップしたか

私は英会話コースの中級クラスにいました。そこから通訳コースに入りましたが、中級クラスでずっとやっていた口頭英作がとても役立って、通訳コースはIntermediateレベルからスタート出来ました。私のイメージではすごく難しいことをさせられて、先生から怒られるということを想像していたんですけど、全くそんなことはなくすぐに馴染むことが出来ました。
半年間、1タームを受けて最後に修了試験がありますが、Intermediateクラスは1回でパスして、次のUpper Intermediateクラスに行きました。Upper Intermediateクラスは2回、つまり1年間受けて、2回目の修了試験でパスして一番上のProfessionalレベルクラスに行くことが出来ました。

今後の展望

今は仕事と勉強を両立させて、通訳としての経験や力をつけていきたいです。将来はプロの通訳として活躍したいと思っています。

これから英会話・通訳を学ぼうとされる方へのメッセージ

KECに通う前は自分が通訳を目指せるだなんて全く想像していなかったです。でも、本当にやりたいことにチャレンジでき、それを諦めずに続ける自分がいるのは本当にKECのおかげだと思っています。
新しいことにチャレンジをすることはとても勇気がいることだと思いますし、色んな心配や不安が出てくると思いますが、是非足を一歩踏み出してみてほしいと思います。KECは何より授業が楽しいですし、先生方に熱意があって情熱的で、自分たちがこうなりたいということに全力でサポートしてくれます。
何か新しいことを始めたい、英語や通訳を勉強し始めたいと思っている方には、是非KECをおすすめします。

インタビュー動画

同じコースの他の受講生の声

  • 真剣に学習できる英会話教室・通訳学校を探していた!
    仕事、家事・育児を両立させながら、継続学習で英会話習得からプロの通訳者へ
    上田いづみさん通訳養成コース Professional
    女性/大阪府/大手電機メーカー勤務 翻訳・通訳

    KECには初めはビジネス英会話の習得のために、現在は社内通訳をしながらプロの通訳を目指して通学しています。 仕事と家事・育児の両立で大変ですが、何とか隙間時間を見つけて、学習するようにしています。 通訳の現場では、言葉を字面通りそのままを訳すのではなく、「話者が何を言いたいのか」のメッセージを理解した上で、わかりやすく端的に訳すように心掛けています。それは正に常々先生方から言われていることです。

  • 本気で通訳者になることを支援してくれる学校を探していた!
    何度も諦めかけながら、講師の先生方の厳しくも温かい指導で、プロの通訳者としての道を拓く!
    中森あゆみさん通訳養成コース Upper Intermediate
    女性/大阪府/人材開発コンサルタント

    元々20代の頃から英語は何回もチャレンジしていたのですが、何回も諦めてしまってて、また続けたいなと思っていたんです。そんな折に通訳をするチャンスがありまして、急遽何とかしなければということでKECさんのプライベートレッスンを受けることにしたんです。勉強をしていると人に話すようになり、それを通じて、英語ができるだろうということで、最近では英語を使ったお仕事を頼まれることが増えてきました。私は専門が、人材教育を専門としておりますので、その分野で通訳、翻訳ができるようになりたいと思っています。