KEC外語学院ブログBlog

英会話を上達させたい方へ③

  • 2017年01月06日

英会話を上達させたい方におすすめの学習法(発音編 母音①)をご紹介

明けましておめでとうございます。KEC外語学院の古屋敷です。今回は英会話を上達させたい方におすすめする学習法(発音編 母音①)をご紹介致します。是非、ご参考にしてみてください。

正しい音を出せるようにする。

英語独特の音を知り、その音を認識した上で、同じように発音できるようにすると、ネイティブに近い音で話せるなるようになるだけでなく、同時にリスニングも向上し、効果的な英語の上達へとつながります。そのためには、まずは発音記号を正しく読めるようにし、正しい音で発音練習をする必要があります。カタカナで表記すると全く同じ音のになってしまうものに次のようなものがあります。今回は以下の母音を例に挙げてみます。例えば、fan/fun (カタカナ表記にすると両方とも「ファン」ですよね。)しかし、この二つは明らに異なる母音であるため、区別して正しく発音できるようにする必要があります(もちろん意味も異なります)。具体的に言いますと、fanに使用する母音はæで、funに使用する母音はʌ】です。æは「エ」に近い「ア」で、ʌ】は日本語の「ア」に近い「ア」です。まずは、この二つの音の違いを認識し、音声教材(音声付の辞書で可能)を使って、同じ音が出せるようになるまで徹底的に練習します。音の出し方ですが、まずæは口を横に引っ張った状態で力を入れて「ア」と発音。そうすると「エ」に近い「ア」の音が出ます。それに対し、ʌ】は口を半分開いた状態で、力を抜いて「ア」と発音。そうすると、日本語の「ア」に近い「ア」の音が出ます。このようなイメージで二つを区別して毎日徹底的に練習すれば、徐々に正しい音を出せるようになっていき、fan  / fun の音の区別ができるようになります(同じ音を使うhatæ/hutʌ】の区別もできます)。そして、リスニングの際にも、意識して聞かなくても二つの母音の区別ができるようになってきます(嘘のような本当の話です)。ただし、毎日の練習は、口が痛くなるくらいまで徹底的に行ってください。

基礎練習ですので非常に地味な練習ですが、誤った音で会話を行うと大きな誤解を生むことにもつながりますので、是非正しい音を身に付けてください。地道な努力が必ず英会話の上達につながります。

次回は、上記以外の母音の練習に関してご紹介致します。楽しみにしておいてください。

See you soon!

この記事の筆者

KEC外語学院KEC Foreign Language Institute

大阪・京都の英会話スクール KEC外語学院|初心者の日常英会話6カ月マスター~プロ・通訳レベルまで驚異的な上達を可能とする独自のTP指導方式で目標達成公約! 真剣に学習する人のみ募集!できなければ出来るまで、熱誠指導に一切の妥協なし!大阪[梅田/枚方]・京都[烏丸御池]でTOEIC・TOEFL・英検・通訳も学べる英会話教室です。各種講座の無料個別ガイダンス・無料合同説明会・無料体験レッスンも開催中!

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク