KEC外語学院ブログBlog

英文Eメール作成講座[超・入門編]:英文リーディングからの英作文

英文Eメールの上達も練習次第

こんばんは、Keiです。春一番と思しき風が吹く中、3/21(金)に梅田本校にて英文Eメール作成講座を開講いたしました。Eメールの利便性は誰もがご存じでしょう。コストが極めて安価で、豊富な情報を送ることができ、しかも届くまでに要する時間がほぼゼロです。当然、ビジネスシーンでも不可欠なツールなのですが、いざ自分で書いてみるとなるとなかなか書き出せないものです。超入門編では、『まずは書いてみる』というアプローチではなく、『まずは例文を読んでみる』からスタートしました。

Eメールの書き方の練習

メールは手紙とは異なり、簡潔=conciseであることが求められます。だからこそ、まずは必要最低限これだけは、という形を真似ることが重要です。いつもの口頭英作文の授業ではリピートに次ぐリピートで、じっくりとセンテンスを作る時間がなかなか無いのですが、英文Eメール作成講座では、まずは語句の並べ替えや入れ替え、その後に担当教師の植田からのレクチャーに基づいて、実際の英文Eメールの作成、つまり英作文を行ってみる、という流れでレッスンが進みました。

上達の秘訣は?

あるプロ野球選手が上達の秘訣を尋ねられ、「まず上手い人を見る。それから真似てみる。最後にその人に尋ねてみる」と答えていました。Keiはこれを卓見だと思っています。英文Eメールの作成も、入門はまずは見る=例文の音読、そして真似てみる=語句を並べ替えて例文に近い形を作る、最後にその人に尋ねてみる=教師の教えに基づいて自分で書いてみる、というふうに、同じ上達のプロセスをたどっています。

ビジネスメールでしばしば用いられる

If you could ~~~, that would be much appreciated.

という型も、慣れてくれば実際の英会話にすぐに応用ができるようになります。ぜひ反復練習してみてください。

今後の英文Eメール作成講座は
[基 礎 編]4月29日(火・祝)
[応 用 編]6月1日(日)
で開講いたします。お早めにお申し込みを頂ければ幸いです。

Kei

関連情報