KEC外語学院ブログBlog

TOEFL iBTのスピーキング・セクションのTask 1の攻略をブログ上で再現!

こんにちは、KEC外語学院の金子です。先日、梅田本校でSpeaking SectionTask 1対策のレッスンを行いました。問題にどんどん取り組んで、出てきた答えにフィードバックを与えて、スピーチお内容や構成をブラッシュアップし、再トライする、という流れで90分があっという間に過ぎていきました。非常に内容の濃いレッスンだったので、一部をブログ上で再現してみたいと思います。

Talk about an important experience that you recently had. Describe what happened and explain why it was important to you.

これに対しては色々とGood Answerがポンポンとクラス内で飛び出してきました。最も印象に残ったのは

「去年の夏にカリフォルニアのスタンフォード大学に見学に行く機会がありました。そこでは世界的に有名な教授に出会えたり、生物学の実験で使う最新の機器を目にすることが出来た。このツアーをきっかけにアメリカ留学を決断し、TOEFLを勉強中です」

というものでした。

フィードバックをして再トライしたスピーチは以下のようになりました。

Last summer, I was given an opportunity to visit Stanford University in California. I believe this is a very important experience because, on this tour, I was able to meet some of the world’s most famous professors in the field of biology. I also got to see the cutting edge laboratory apparatuses. It was such a fantastic campus tour, and I decided that I wanted to study in the USA. And so, I am working hard to get a good TOEFL score. This Stanford tour meant a lot to me.

Talk about an interesting book you have read. Explain why you thought the book was interesting. Give specific details and examples to support your answer.

これに対してもいくつかの刺激的な答えが返ってきました。アーサー・C・クラークの『2001年宇宙の旅』と『幼年期の終わり』、アイザック・アシモフの『われはロボット』、ジェームズ・パトリック・ホーガンの『星を継ぐもの』、J.K.ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズ、J.R.R.トールキンの『指輪物語』などが回答例としてクラスからは出てきました(SFやファンタジー好きが揃ったクラスなのです)。訂正を受けたスピーチ例を挙げると以下のようになります。

「『2001年宇宙の旅』が、僕がこれまでに読んだ中で最も面白い本でした。理由は2つです。まずは物語の中でHALという名前のAIが重要な役割を果たすことです。この小説は現代のAI開発時代を予感させてくれます。もう一つは、この宇宙には人類以外の知的生命が存在するということを描いていることです。この本は時代を超えた古典の傑作だと断言します」

2001: A Space Odyssey is the most fascinating book I have ever read. I say this for two reasons. First of all, there is an AI character called HAL who plays a very important role in the story. This is a foreshadowing of the present day’s AI development. Second, this novel gives a description of an intellectual being other than humans. For these reasons, I assert that this book is an ageless classic masterpiece.

一つ大切な指導ポイントを述べておきます。スピーキングの第一問では「これまでで最も面白かった映画/小説は?」といった問題が稀に出てきますが、この種の問題の回答にあらすじを含める必要はありません。登場人物の名前や出来事ぐらいで十分です。メインに問われているのは、その本を面白いと思った理由であり、詳しい本の中身ではありません。

もう一つ、ハリー・ポッターについても挙げておきましょう。

「私にとって、最も面白かった本は『ハリー・ポッター』シリーズです。何故かと言うと、ハリーやロン、ハーマイオーニー、ダンブルドア先生、スネイプ先生などの素晴らしいキャラクター達がいるからです。これらのキャラクターは皆、魅力的で愛すべき人たちです。また、魔法や不思議な生き物たちも物語をより面白くしています。ハリーが箒で空を飛ぶときには、自分も飛んでいるようでわくわくします。こうした理由で、私はハリー・ポッターをとても面白い本であると思っています」

For me, the most interesting book is Harry Potter. That is because there are amazing characters like Harry, Ron, Hermione, Dumbledore and Mr. Snape. They are all charming and likeable people. I really do care for them because of their camaraderie. Also, magic that they use and mystic creatures make this world more interesting. When Harry flies on his broomstick, I always get excited as if I were flying. For all these reasons, I find Harry Potter to be an extremely enjoyable book.

Talk about a game, sport or other group activity that is played in your country. Explain why you think the activity is enjoyable.

これに関しても非常に多くの回答が提出されてきました。いくつか例を挙げると、サッカー、野球、将棋、囲碁、麻雀、ポーカー、人狼ゲーム(レッスン時に初めて聞きましたが、若い子たちの間では結構有名なようです)などが挙げられました。ここではサッカーを挙げた受講生が2人いましたので、その一つを紹介したいと思います。

「日本では多くの人がサッカーをします。サッカーは体を動かすだけではなく、大きな声も出します。なのでストレス解消になるのです。またサッカーをすれば夏でも冬でも汗をかくので、気分がさっぱりしますし、健康にも良いのです。それだけではなく、サッカーはチームスポーツなので、チームメイトと仲良くなることもできます。これらの理由から、私はサッカーをとても楽しいスポーツであると考えています」

In Japan, many people play soccer. In soccer, you work out hard and you shout out loud. So, it really helps you relieve your stress. Also, when you play soccer in summer or even in winter, you will work up a lot of sweat. It is so refreshing and good for your health. Not only that, it is a team sport, so the more you play, the better you will hit it off with your teammates. For these reasons, I think soccer is a very fun sport.

もちろん、麻雀や人狼ゲームについて語るのもOKです。SpeakingTask 1WritingTask 2はある意味では、TOEFL iBT全体で最も難しいと言えるかもしれません。なぜなら答えが決まっていないからです。あなたが素晴らしいと思う本や映画について詳しい理由付きで45秒語ってください、と言われて、いきなり対応できる人はごく少数でしょう。ましてそれを外国語でやるとなると、もっともっと大変になります。TOEFL iBTは英語のテストにして英語だけのテストにあらず。豊かな教養を持つことが期待されているテストであると言えます。スピーキングは難しそうだな、と思った方。案ずるより産むが易しと言います。一度、フィードバックを受けに来ませんか。

Speaking Classwork for TOEFL ibT                                                                

KEC外語学院 梅田本校

この記事の筆者

金子 燦之Akiyuki Kaneko

[TOEFL iBT 104点, TOEIC 935点, 英検1級] 国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。専攻は宗教学・東洋思想史。大学では4年間をキャンパス内にある寮で暮らし、多くの外国人留学生や帰国子女と交流した。東京の信販会社で海外業務を担当し、海外の関連会社との交渉・折衝・調整などの業務に従事。趣味は音楽鑑賞と映画鑑賞で、ロッド・スチュワートの歌なら全曲歌うことが可能。最近ではTaylor Swiftも好んで聴く。英語の映画の長セリフや英語の歌詞をListeningだけで全て暗記できるという特技を持つ。 カジュアルな表現だけではなくビジネス・アカデミック英語にも通じており、入門から中級レベル、TOEFL iBT講座まで幅広く担当している。

 Facebook  Twitter  Instagram  Line@   はてなブックマーク

関連情報