KEC外語学院ブログBlog

「英会話習得への道のり」体験談セミナーを開催しました!

皆様こんにちは!KEC外語学院の石井です。蒸し暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、7月6日(土)梅田本校にて「英会話習得への道のり」体験談セミナーを開催いたしました!英会話学習の開始を検討されている皆様、また受講生の方々でさらなるモチベーションアップに!と参加された方もいらっしゃり、大盛況でした!!

英会話セミナー①

今回のセミナーでは3名の素敵なゲストスピーカーにお越しいただきました。

まずお一人目は吉沼一彦さん。

吉沼一彦さん

吉沼さんは日々の業務でTV会議やプレゼンテーション、Eメールのやり取り等で英語が必須のお仕事をされていらっしゃいます。吉沼さんはもともとは英語は見るのも、聴くのも嫌だったと仰っていらっしゃいました。英語に対して苦手意識を持っていても乗り越えることができたのはKECの指導法が合っていたということをお話しくださいました。

お二人目は熊沢衛司さん。

熊沢衛司さん

熊沢さんはお仕事で数々の重要なポジションを歴任され、娘さんの国際結婚を機に英会話学習を再開されました。熊沢さんからは「細切れ時間の活用法」をお話しいただきました。英会話を学習されている皆様はお忙しい方ばかりです。でも、忙しい中に時間を見つけ、英会話学習に費やすことの大切さを改めて感じました。

そして、三人目は当学院の通訳養成コースで講師を務めている東山環先生です。

東山環先生

東山先生は二人のお子さんの子育てをしながら、KEC外語学院で講師をしています。学生時代にKEC外語学院で英会話を習得したこと、また、家事、育児、仕事と多忙な中での英会話学習の時間の捻出方法をお話しいただきました。

そして最後に、梅田本校所長・古屋敷宗夫先生から「英会話習得方法」を説明いただきました。

古屋敷先生

英文の丸暗記、単なるロールプレイでは英会話の習得は難しく、英会話の習得には論理的な習得方法が必要であるということを説明していただきました。

もともと英語に対して苦手意識をお持ちの方でも克服することができ、忙しい中でも英会話学習に時間を捻出することの意義を3名とも熱く語ってくださいました。

「英会話学習方法で悩んでいましたので、大いに参考になりました」「これまで英語から避けてきましたけれど、もう一度英語と向き合ってみたいと思います」など、前向きなご感想をたくさんいただきました。

今回のセミナーが皆様の英会話学習の参考になれれば幸いです。

吉沼さん、熊沢さん、東山先生、ありがとうございました。

英会話セミナー③

英会話セミナー②

umeda_320_100

この記事の筆者

石井 悠介Yusuke Ishii

大阪府出身。学生時代、異文化研究を専攻し、アメリカへ異文化調査で数度、渡航経験がある。卒業後、ワーキングホリデーにてカナダ・バンクーバーに1年間滞在。現地では英語で日本語を教える「間接法」で日本語教師を経験。生徒にわかりやすい指導法を現地で習得し、指導することの楽しさとともに英語の奥深さを体感。帰国後、教育業界に従事し、小学生から高校生を対象とした進学塾にて英語を中心とした文系科目の指導経験を経て、KECの教育理念に共感し、KEC外語学院の英会話講師へ。活気のあるクラス作りと分かりやすい授業をモットーとしている。

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク
   

関連情報