KEC外語学院ブログBlog

TOEIC®L&Rテスト スコアアップを目指して

みなさん、こんにちは。KEC外語学院の植田です。

暑い中、英語の勉強に日々奮闘されていることと思います。

今日はTOEIC® L&Rテストのスコアアップについてお話したいと思います。

勉強時間の目安は?

TOEIC®L&Rテストの勉強をしている方からよく聞かれる質問に、「目標達成にはどのくらい勉強したらいいのでしょうか?」というものがあります。

もちろん、その方の目標点数によっても違いますし、その方の学習歴によっても異なってきますので、一概に何時間やればよいということは言えません。ただ、統計的には、100点上げるのに300500時間の学習が必要だとは言われています。大まかに言うと、1年間毎日1時間以上勉強する、半年ならその2倍ということです。

ただし、TOEIC®テストのための勉強、つまり問題集や参考書を使用しての勉強は、それほど時間をかけなくてよいと思います。私は週に10時間を提唱しています。具体的には平日1時間、休日4時間勉強しましょうということです。あとはできるだけ生の英語に触れて下さい。つまり、インターネットやテレビ、ラジオ、書籍、雑誌等を利用して、たくさん英語を聴く、読むということです。これが自力をつくります。

勉強はたとえ10分でも毎日やるのが基本ですが、忙しくてほとんど、あるいは全く勉強できない日もあるかと思います。その分を休日や残業のない日に長時間勉強すればいいのです。

TOEIC®L&Rで良い結果を出せる要因の一つに、「集中力を保つ」ということがあります。あの、休憩なしで120分間ひたすら問題を解いていく時間というのは、非日常的な一種異様とも言える(笑)時間です。これに打ち勝つには、ある程度長い時間連続して英語を聴いたり読んだりする時間を作り、本番に負けないような精神を持つ必要があります。逆に言うと、45時間勉強する経験を普段積んでいれば、テストの120分は乗り越えられるようになると言えるでしょう。

―まずは十分な勉強時間を確保すること―。あまりにも当たり前なことなのですが、案外実行できていない方が多いようです。

studyよりpractice

スポーツのトレーニングや楽器の練習と同じように、語学の勉強も習慣づけが大切です。練習をサボると体がなまったり、いい音が出せなくなるのと同じで、勉強しないと聴く力も読む力も鈍ります。みなさんも英語に触れることが日常生活の一部になるようにして下さい。

最後に一つ。

常時900点以上取れるような上級者に、英語の勉強が嫌いだという人はまずいません。つまり、嫌いだけど仕方なく勉強しているとか、いやいや勉強している人はあまり伸びないということです。

I always enjoy studying English.と言えるようになりましょう!

TOEIC®スコアアップに向けた勉強法

umeda_schoolbtn KEC外語学院 京都校

この記事の筆者

植田 尚男Hisao Ueda

[TOEIC985点・英検1級]同志社大学文学部卒業。文化史学(アメリカ史)専攻。会社員を経て、インターナショナル・インターンシップ・プログラムズに参加。アイオワ州の小・中・高校にて日本文化の紹介に努める。同時に大学では日本語クラスを担当。また米企業や自治体の日本向けPVの翻訳・吹き込みを手掛けた。帰国後KEC近畿教育学院・予備校で中学生・高校生に英語を指導。現在はKEC外語学院にて英会話コース、TOEIC講座を担当する一方、企業・公共施設・高校などでも指導を行っている。 英語の学習経験、実用経験、指導経験の豊富さから、英語の奥の深さを感じさせてくれる切れ味の鋭い授業に定評がある。

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク
   

関連情報