KEC外語学院ブログBlog

TOEICの問題が新たな形式に変更(TOEIC will be reborn!)

                toeicが新形式に変更

TOEICの問題が新たな形式に変更へ

こんにちは、KEC外語学院のKeiです。ご存知の方も多いと思いますが、2016年5月にTOEIC公開テストの問題が新たな形式に変更されますことを皆様にお知らせ致します。今回の新たな形式への変更に関し、ETSの公式サイトにもinformationがありますので、ぜひご一読ください。大きな変更としては、以下の通りなります。

 写真問題数が減る
 リスニングのSpeakerの数が3人の問題が新規に追加される
 話者の意図を問う問題が新規に追加される
 Part 5 の文法問題数が減る
 Triple Passagesの問題が新規に追加される

などが挙げられるでしょうか。新形式問題のリスニングサンプル問題や公式問題集などは、日付は確定していないようですが、来春までにはリリース予定とのことです。新形式のテストになっても、難易度やスコアなどに大きな変化が生じないように、検証に検証を重ねたということですが、スコアアップを目指されるという方は、ちょっと急いだほうが良いかもしれません。何事も移行期が一番大変です。ETSは今回のテスト形式のリニューアルのテーマとして『よりオーセンティック(実際的)なコミュニケーション』を掲げています。Authentic、つまり”本物の”、”真正の”という意味です。authority, authorize, author, authoritarianなどが派生語としてあります。・・・話が語源に飛びそうなので、軌道修正。詳細は、公式問題集の発売などを待つ必要があるのですが、単純にテスト対策をして臨むのではなく、基礎体力をしっかりつけた上で受験していくテストに、TOEICも新たな形式へ変わっていくようです。続報ありましたら、お伝えしていきます。

Kei

関連情報