KEC外語学院ブログBlog

英会話を上達させたい方⑨

英会話を上達させたい方におすすめの学習法(発音編 音の仕組み④)をご紹介

こんにちは、KEC外語学院の古屋敷です。WBCは誠に残念な結果でしたが、今シーズンこそは阪神タイガースに期待したいと思います。さて、今回も英会話を上達させたい方におすすめする学習法(発音編  音の仕組み④)をご紹介致します。是非、ご参考にしてみてください。

音のつながりをマスターしましょう!③

では、今回もいつものようにまずは以下の例文を言ってみてください。

You have to get out of here right now.

どうですか。うまく言えましたか。まずYou have toの部分ですが、実際には次のように発音します。You hafta(ユーハフタ)、ちなみにwant toも同じパターンでwantaとなります。例 I want to take you to the shop. ( I wanta takya to the shop.)  Tom wants to talk about it. ( Tom wantsta talk about it.)また、I have to を過去形(I had to)で言う場の音は I hada となります。例 I had to go. ( I hada go.) つまりI had a carと言う際のI had aと同じ音となります。次にget out of here の部分ですが、次のように発音します。get outta here(ゲタアウタヒアー)、この音のパターンを利用して次のセンテンスも言ってみてください。

What kind of  music do you like ?

実は、What kind ofの部分は、what kinddaとなり、カインダと発音します。ワッカインダと発音するとより英語らしくなります。つまり、ofはaとなることが多いのです。例 a cup of tea( a cuppa tea) このパターンを認識し、何回も練習してください。またdo youですが、これをはやく言うとjuとなります。つまり次のような音になります。What kindda music ju like?(ワッカインダミュージック ジュライク?)Could you/ would you/ Did youもdとuがつながってjuとなりますから同じパターンです。是非、上記パターンをマスターして英会話上達につなげてください。必ず効果が出ます。

See you soon!

この記事の筆者

KEC外語学院KEC Foreign Language Institute

大阪・京都の英会話スクール KEC外語学院|初心者の日常英会話6カ月マスター~プロ・通訳レベルまで驚異的な上達を可能とする独自のTP指導方式で目標達成公約! 真剣に学習する人のみ募集!できなければ出来るまで、熱誠指導に一切の妥協なし!大阪[梅田/枚方]・京都[烏丸御池]でTOEIC・TOEFL・英検・通訳も学べる英会話教室です。各種講座の無料個別ガイダンス・無料合同説明会・無料体験レッスンも開催中!

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク
   

関連情報