KEC外語学院ブログBlog

TOEFL iBTのスピーキング・セクションのTask 3に変化の兆し?

こんにちは、KEC外語学院の金子です。なにやら最近、とある大きな変化が起きつつあるようです。というのは、私のTOEFL講座の受講生の方から、「SpeakingTask 3のリスニング部分、賛成になっていることが多いですよ」という声を複数聞いたからです。おそらくTOEFLを受験する人よりも、TOEFLを実際に教えている人の方が、受ける衝撃が大きいのではないかと思います。なぜならSpeaking SectionTask 3は95%は反対意見が出るぞ』と教えている人が多いから(だと私が勝手に信じているから)です。

賛成でも反対でも、準備は一緒!

こちらの記事でも案内している通り、基本的には設問に答えるのみです。述べなくてはならないのは彼/彼女の意見です。誰が意見を述べているかですが、基本的には ”How come?” や ”What do you mean?” 、 ”I hadn’t thought about that.” などの表現を使う方が相槌係、もう片方が意見を述べている方だと思って間違いありません。そちらの発言に神経を集中して、サインポストに従ったメモを取っていきましょう。

College Students Talking to Each Other

むしろ賛成意見の方が取り組みやすい

Task 3 は反対意見が従来は圧倒的多数でしたが、今後は賛成意見も増加傾向になりそうです。しかし、考えようによっては、これは受験者にはgood newsでしょう。なぜなら、Readingの内容とListeningの内容が一致するようになるからです。これまでは、大学がなんらかのお知らせをして、それに対して学生男女2名のどちらかが反対意見を理由2つを添えて述べる、というのが定番でした。なので、Listeningパートを予想する力が、ある意味で重要視されていました。例えばReadingパートで「寮の修繕作業を行います。これにより各部屋が防音になります。また空調設備も改善されます」という趣旨のお知らせを読んだ時、慣れている人であれば「なるほど、隣の部屋がうるさいというクレームは寮生の誰からも出ていないし、空調設備もまだ古くはなっていない」という意見が聞こえてきそうだな、と予想ができました。しかし、賛成意見であればそんな予想は不要です。素直に聞くだけです。これは受験者の負担減と言えるでしょう。

スピーチのパターンを増やせて発話力が高まったと前向きに考えよう

スピーチのパターンをさらに覚えるのが嫌だ、という人も中にはいるかもしれません。しかし、従来の型を少し変えるだけで十分に対応できます。これまでは

The male / female student is not happy with the university’s idea / plan / decision / announcement. There are two reasons. First …   Second …

だったものが、

The male / female student is happy with the university’s idea / plan / decision / announcement. There are two reasons. First …   Second …

となるだけです。大した負担ではありません。むしろ、発話のパターンが増えた=発話力、会話力が高くなった、というふうにポジティヴに考えましょう。

TOEFLはこれまでも時代に合わせてReadingListeningのアカデミックレクチャーの内容が進化してきましたが、出題傾向はこれまでほぼ不変でした。それが変わりつつあるということで、今後は少し指導方法に変化が生まれたり、参考書籍や問題集も改訂されてくるでしょう。良さそうなものが見つかったら、またこちらのブログで情報をシェアしてみたいと思います。乞うご期待!

 I agree

umeda_schoolbtn KEC外語学院 京都校

この記事の筆者

金子 燦之Akiyuki Kaneko

[TOEFL iBT 104点, TOEIC 935点, 英検1級] 国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。専攻は宗教学・東洋思想史。大学では4年間をキャンパス内にある寮で暮らし、多くの外国人留学生や帰国子女と交流した。東京の信販会社で海外業務を担当し、海外の関連会社との交渉・折衝・調整などの業務に従事。趣味は音楽鑑賞と映画鑑賞で、ロッド・スチュワートの歌なら全曲歌うことが可能。最近ではTaylor Swiftも好んで聴く。英語の映画の長セリフや英語の歌詞をListeningだけで全て暗記できるという特技を持つ。 カジュアルな表現だけではなくビジネス・アカデミック英語にも通じており、入門から中級レベル、TOEFL iBT講座まで幅広く担当している。

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク
   

関連情報