KEC外語学院ブログBlog

大阪の英会話サークルに通われている皆様

大阪の英会話サークルに通われている皆様にネイティブスピーカがよく使う表現をご紹介

こんにちは、KEC外語学院の古屋敷と申し上げます。さて今回は、大阪の英会話サークルに通われている皆様にネイティブスピーカの間でよく使われる表現をご紹介致します。是非、英会話を行う際のご参考にしてみてくださいませ。

大阪の英会話サークル主催のバーベキューパーティーに向かう車中にてネイティブが使った表現”Pull over there”

先日、大阪にある某英会話サークルのバーべキューパーティーに参加致しました。車で移動中にネイティブスピーカーが“Pull over there!”と言いました。皆様、この英会話表現がどういう意味がご存じでしょうか?実は、「車を止めて」という意味です。「車を止める」と言っても、走っている最中に急にブレーキを踏んで車を道路のど真ん中に止めると言った意味ではありません。「車を路肩に止めて」という意味です。車を運転しながら英会話を行っている最中に”Pull over there!” と聞くと、何かを上に引くよう風に勘違いしてしまうんじゃないかと思われるかもしれませんが、実は、この英会話表現は、ネイティブスピーカーの間で非常によく使われる英会話表現です。

“Pull over there”のもともとの意味

この英会話表現は、もととも乗馬で使われていたもので、馬に乗っている際、進む方向を変えたり、馬を走らせたりする際に乗馬者は馬の手綱を引くのですが、実はここからきている英会話表現なのです。ですから、ネイティブスピーカーが運転している車に乗っている際に、その車を止めて路肩に寄せてほしい時は、是非”Pull over there!”と言ってあげてください。すぐに反応して、車を道路の脇に寄せてくれます。

英会話にてネイティブが使う表現

“Pull over there”のような自然な英会話表現は、他にもたくさんございます。今後、その他のネイティブがよく使う表現皆様にご紹介して参りますので、表現の由来を知った上で、大阪の英会話サークルや、英会話を使う場においてどんどん使っていってください。理解した上で使った方が、より効果的で、定着度もアップ致します。そして、使っているうちにその表現がだんだんと自然なものになっていき、ネイティブのようにナチュラルな英会話を徐々に行えるようになっていきます。頑張って練習してください!

 

大阪の英会話サークル主催のバーベキューパーティーにてバーベキューを楽しむサークルメンバー

 See you later!

関連情報