KEC外語学院ブログBlog

無料延長の英会話レッスンは日常茶飯事!?御蔭様で多くのお問合せをいただいております

対策本をやった「のに」・・・

こんばんは、keiです。
最近TOEFL関連のお問い合わせが増えています。
※TOEFL:Test Of English as a Foreign Languageの略です。英語圏(特に北米)の大学への留学・研究を希望する母国語が英語でない外国人を主な対象とした英語能力測定テストです。

普通、こうした資格試験の対策コースには良し悪しがあり、特にグループを対象とした場合、「解き方は分かるが実力はつかない」といった現象が往々にして起こります。
TOEICやTOEFL等の「対策本」を一冊しっかりとやった「のに」テストの点数が上がらなかったという声を聴くことがあります。

足りない部分はできるまで!

簡単に言うと、これは「筋トレの仕方をマスターしたが肝心の体が鍛えられていない」のと同意です。
いくら効果的な腕立て伏せの仕方を学んだところで実際に何度も腕立て伏せをしない限り、筋肉は付きませんよね。
その辺りを「分かっていない」学校が資格クラスを作ると、往々にしてそうした問題が生じます。
どんなに一回当たりのクラスが魅力的であっても豊富な自学習を抜きにしては上達は見込めないからです。
だからKECの教師と言うのは、ハードな仕事なんです。
クラス内で補えない内容というのをきちんと把握しているからこそ、講師の血が騒ぎます。
同業他社の人間に「毎回ではないが、受講生の要望によっては、無料で授業を1時間延長したり、別の曜日で補習をしたりすることは日常茶飯事だ」と言うと、驚かれることが多いです。
ですが、“本当に”伸ばそうと思ったら、「それでも足りない」これが、本音です。

Kei
英会話は筋トレと同じ!無料でレッスンを延長する理由とは

関連情報