KEC外語学院ブログBlog

英会話は基礎がやっぱり大事!~枚方本校より~

皆様こんにちは!KEC外語学院・枚方本校所長の石井です。連日記録的な猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。まだまだ暑い日が続きますので、熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。

さて、今回は枚方で大学生対象に開催した無料体験レッスンについてご紹介いたします。

頭で分かっていても。。。

6月下旬に私が現役大学生の皆さんを対象に無料体験レッスンを行いました。国公立大学や難関私立大学の学生さんに多く来ていただきました。皆さん厳しい受験を乗り越え、合格を勝ち取った方々ばかりです。当然、難しい受験英語も乗り越えてきた皆さんなんです。

「受験英語」では難しい文法や単語、語彙がたくさんあり、皆さん英語の知識はお持ちです。しかし、いざ発話するとなると、これがなかなか口から出てこないんです。その体験レッスンの冒頭で関係代名詞を用いたある例文の音声を流しました。文の構造は参加された学生の皆さんが近い過去に受験英語で学習した単元に必ず登場したものなんです。

ところが、その音声を聞いてそのまま発話出来るひとは誰もいませんでした。一体なぜか・・・?

発話・音読の重要性

受験英語は、入試突破を目的とするものです。実践で使いこなせることは目的としていないんですね。大学生の皆さんのほとんどはこれまで「受験英語」しか経験したことのない人たちでした。しかし、英語を勉強する目的って何でしょう?例えば、TOEIC®やTOEFL®で目標スコアを取得する、英検®で目標の級に合格するといったこともあるでしょう。しかし、英語学習の最大の目的は英語を「使いこなせる」ようになることですよね。参加された皆さんはこれまでの英語学習のなかで、明らかに発話、音読の量が足りていなかったんだと思います。

言いたいことを瞬時に英語で!

また、参加された学生の皆さんは道端で外国人に英語で話しかけられたけど、言いたいことが言えなかったという経験を皆さんお持ちでした。でも、聞かれていることは皆さん分かっていたんですね。この日本語で考えた言いたいことを瞬時に英語に変換し発話する「口頭英作」はこれまで学生の皆さんは経験したことのないものでした。この口頭英作で関係代名詞を使った練習をやると、冒頭で流した音声をたった30分足らずで皆さん言えるようになったんです!

このように、知識として分かっていても、いざ実践での会話となると思うように英語が出てこない。。。というのは学生の皆さんに限ったことではないと思います。今回の大学生対象無料体験レッスンから、頭の中にある知識をいかにスムーズに引き出すかが重要であると改めて感じました。

KEC外語学院枚方本校には大学生から社会人まで通われていらっしゃいます。これから英語を実践で使えるようになるために、是非KEC外語学院で「本物の」英会話を習得しましょう!!

枚方で英会話を学習するならKEC

KEC外語学院 枚方本校

この記事の筆者

石井 悠介Yusuke Ishii

大阪府出身。学生時代、異文化研究を専攻し、アメリカへ異文化調査で数度、渡航経験がある。卒業後、ワーキングホリデーにてカナダ・バンクーバーに1年間滞在。現地では英語で日本語を教える「間接法」で日本語教師を経験。生徒にわかりやすい指導法を現地で習得し、指導することの楽しさとともに英語の奥深さを体感。帰国後、教育業界に従事し、小学生から高校生を対象とした進学塾にて英語を中心とした文系科目の指導経験を経て、KECの教育理念に共感し、KEC外語学院の英会話講師へ。活気のあるクラス作りと分かりやすい授業をモットーとしている。

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク
   

関連情報