KEC外語学院ブログBlog

英会話で使ってみようこの英単語 “upset”

USオープンでの番狂わせ

こんにちは、Dr. Kです。
同じ名前の錦織圭がまさかのUSオープン初戦敗退です。第4シードがいきなり姿を消すのですから、波乱と言ってよいでしょう。

upsetという単語の使い方

このような番狂わせをしばしば英語ではupsetと言います。もともと、set upをひっくり返して生まれた単語と言われています。皆さんもパソコンを買ったら、まずはセットアップを行いますよね。そのset upの反対の意味です。つまり、標準的な組み立てから外れることを指すのがupsetです。スポーツの世界ではしばしばupsetが起こります。主語が人間になると、Sb be upsetという受け身の形になることがほとんどです。John is upset.と言えば、8割方、ジョンは怒っていることになります。1割は、嘆き悲しんでいる。もう1割は、そわそわあたふたしている、という感じでしょうか。upsetという単語に関しては、文脈が意味を判断する際に決定的に重要です。単語を覚える際には文脈もセットで覚えるように意識していきましょう。

Dr. K is upset because Kei was upset in the US Open first round.

See you soon!

Dr. K

            英会話で使ってみたい単語upset

この記事の筆者

KEC外語学院KEC Foreign Language Institute

大阪・京都の英会話スクール KEC外語学院|初心者の日常英会話6カ月マスター~プロ・通訳レベルまで驚異的な上達を可能とする独自のTP指導方式で目標達成公約! 真剣に学習する人のみ募集!できなければ出来るまで、熱誠指導に一切の妥協なし!大阪[梅田/枚方]・京都[烏丸御池]でTOEIC・TOEFL・英検・通訳も学べる英会話教室です。各種講座の無料個別ガイダンス・無料合同説明会・無料体験レッスンも開催中!

 Facebook  Twitter  Instagram  Line@   はてなブックマーク

関連情報