KEC外語学院ブログBlog

英検の受験を思い立った人にオススメの参考書

皆さん、こんにちは。KEC外語学院の塚田です。本日は以下の方を対象に、英検対策の教材としてお勧めの1冊を紹介します。

・英検受験を思い立ったが、何から始めてよいのか分からず、なかなか学習がスタートできない。

・遠い昔に英語を学習したことはあるが、英文法などの細かいことは覚えておらず、英文も読めなくなっている。その為、英語に少し抵抗さえ感じる。

 

まずは単語から

上記のような方は、まずは気軽にできることから始めましょう。英語学習で、最も気軽にできること・・・ それは単語です。リーディング、ライティングなどは、まとまった時間が必要となりますし、机に向かってじっくりと腰を据えてやる必要があります、しかし、単語学習は2~3分程度の隙間の時間を利用してできますし、電車の中、バスの待ち時間にもできます。

『文で覚える単熟語』

大型書店に足を運ぶと、英単語集は星の数ほどあります。その中で、英検対策として最もお勧めできるのが、『文で覚える単熟語』、通称『文単(ぶんたん)』です。この教材は、英検の1次試験で出題されたリーディング問題の題材が使用されており、その中の重要な単語・熟語がまとめられています。まずは、その中の単語・熟語を覚え直す(あるいは眺める)ことから始め、英語学習を習慣化させましょう。

『文単』で扱われているリーディング題材の徹底的習得

『文単』に載っている単語・熟語を覚えるのは、あくまでもスタートに過ぎません。そこに載っているリーディングの題材を完全にマスターして初めて、英検対策を軌道に乗せることができます。

リーディングの題材を完全マスター

単語・熟語の復習がある程度進めば、次は、リーディングの題材を、自分のペースでじっくり読みましょう。英訳もついていますので、それも参照しましょう。全ページのリーディング題材を制覇するのには、それなりの時間とエネルギーが必要になります。

CDを用いて、リスニング強化

リーディングの題材を全ページ分制覇しましたら、付属のCDを活用しましょう。リーディングの題材が音声として再生されます。まずは、何も見ずに音声を聞き、全体のあらすじを理解する練習をしましょう。その後、英文を見ながら音声を聞き、聞こえてくる英語と同じ発音・イントネーションで自分の口からも英語を発しましょう。その後は、何も見ずに音声を聞き、自分でも英語を口から発しましょう。

 

以上のやり方で、『文で覚える単熟語』を完全に制覇しましょう。その後、過去問にトライしてみましょう。もしかすると、結構解けるようになっているかもしれませんね。

 

英検対策に必須の文で覚える単熟語

 

関連情報