KEC外語学院ブログBlog

TOEICの問題形式が変更となります(最後のTOEIC!)

                toeicの問題形式変更のお知らせ

改めてTOEICの問題形式に関する変更のお知らせ

「最後のTOEIC!」というと大袈裟ですが、以前にもお伝え致しました通り、2016年4月10日に実施されるテストをもって、TOEICの問題形式が正式に変更されます。今回のTOEIC問題形式の変更によりTOEIC-IPテストなどは、今後一年ほどは旧TOEICの問題形式でテストは実施されますが、公開テストに関しては、新TOEICの問題形式で実施されます。やはり変更後の新TOEICの問題形式のテストのスコア提出を求められる、という社会人や学生の方は多いのではないでしょうか。KEC外語学院の受講生の方の中にも、かなりのハイスコアに到達された方もいらっしゃいますし、スコア的には標準的でも、英語学習開始時に比べるとTOEICのスコアが100~200点の伸びを達成されたという方もいらっしゃいます。尚、ETSによると、今回のTOEIC問題形式の変更によって問題の難易度は変わることはないということですが、変更後、少しの期間はスコア自体ににばらつきが見られることが予測されます。しかしながら、本当に大切なことはテスト対策をすることではありません。 問題形式変更後の新TOEIC対策を行いながら、リスニング力や文法力を鍛える、もしくは鍛え直すことです。つまり、TOEICの問題形式を対策をすることでTOEICのスコアを伸ばすのではなく、TOEICの問題対策することで英語力を伸ばすこと、これが真に大切なことです。そうすることによってTOEIC対策用の英語力を伸ばすのではなく、総合的な英語力を伸ばすことが可能となります。是非、皆様も頑張ってください。

Kei

関連情報