KEC外語学院ブログBlog

基本編シリーズ:よく見かける接頭辞⑨”trans-”

語源・町のお医者さん・水守勤三です。

先日、英検1級用英文解釈の教材準備をしている時に、dissidentと言う単語が出てきました。ふと頭にpresident, residentが浮かんで来たのですが、『人を表す接尾辞-entで終わる他の単語は?』などと自問自答が始まりました。自然にstudentが浮かんだのですが、ここから興奮し始めるのが悪い癖。『-entを取ったstud…、わぉー、studyだ!』いつの間にか教材準備そっちのけで、語源ブラウジングを楽しんでしまいました。みなさんもきっと時を忘れてのめり込んでしまうものをお持ちだと思います。そんな時に、『トランス状態』という言葉を使う方もおられるのではないでしょうか。

手元の大辞泉で調べてみると『催眠状態やヒステリーの場合にみられる、意識が通常とは異なった状態=trance』と説明されていました。今日は、私にとってはお馴染みの状態=トランス状態に焦点を当ててみます。

普通の状態を超えたところにいる状態がtranceですので、tranceの基となる考えは『超える』です。英語の綴りではtrans-とsになって接頭辞として出てきます。基本の意味“超えて”でほとんどイメージできますが、敢えて言葉にすると、“…の向こう側、貫いて、別の状態へ”などもあります。

では、“3拍子”で紹介していきますので、どこまで意味をイメージできるか挑戦してみてください。

≪初級コース≫
animal – plant – transplant
act – action – transaction
import – export – transport
form – reform – transform
prefer – refer – transfer

≪中・上級コース≫
exit – initial – transit
commit – admit – transmit
appear – disappear – transparent  (pear:現れる)
relate – translate  “恐縮、2拍子“
fuse – confuse – transfuse

≪trans-の変化形 tran-, tra-≫
describe – prescribe – transcribe
ascend – descend – transcend
donor – add- tradition

次の( )の中に、上で取り上げた単語を入れてみてください。〔答えは一番最後に〕His job is to (       ) English into Japanese.
She (       ) the flowers to the garden every spring.
How much money did you gain in the (       )?
Politics should be carried out in a (       ) manner.
It took me two hours to (       ) his speech onto a new piece of paper.

“act – action – transaction”の流れが見えたからと言って、すぐに『transaction=取引・処理』という日本語が浮かぶわけではないですが、『二者の間にある塀・壁のようなものを越えてactionしている感じ』をイメージした上で『取引・処理』という言葉を記憶に残すことは有効ではないでしょうか。”ちょっとしたひと手間“が“記憶の定着”を容易にするとともに、楽しくもしてくれるなといつも感じます。

次回は、よく目にしているけれど、意味は今一つ知られていない”ob-”を取り上げてみます。『お馴染みの接頭辞』もそろそろ終盤です。過去のブログで復習もお忘れなく。【問題の答え 上から順に】 translate, transplants, transaction, transparent, transcribe

関連情報