KEC外語学院ブログBlog

テニスのserve 英会話でも使われる英単語の構造

             テニスのserveから英会話でも使える様々な英単語へ

テニスプレーヤー錦織圭

こんにちは、Keiです。ランチ休憩時に、Kei Nishikoriが残念ながらテニスのオーストラリアン・オープンで敗退とのニュースを読みました。同じKeiとしてはがっかりなのですが、戦いはまだまだ続きます。

serveからなる英単語の構造

さて、テニスといえばサーブから始まるのですが、このサーブというのも実に興味深い英単語です。アルファベットでは serve となるのですが、serveをする者・物というのは、それぞれservantやserverだったりします。また、これに色々な接頭語をつけることで、英会話でも使われるおなじみの単語に生まれ変わったりもします。conserve, preserve, deserve, reserve, observeなどなど。これらの単語の解説も、いつか語源ブログの方で触れられる予定です。ご期待ください。
Kei

この記事の筆者

KEC外語学院KEC Foreign Language Institute

大阪・京都の英会話スクール KEC外語学院|初心者の日常英会話6カ月マスター~プロ・通訳レベルまで驚異的な上達を可能とする独自のTP指導方式で目標達成公約! 真剣に学習する人のみ募集!できなければ出来るまで、熱誠指導に一切の妥協なし!大阪[梅田/枚方]・京都[烏丸御池]でTOEIC・TOEFL・英検・通訳も学べる英会話教室です。各種講座の無料個別ガイダンス・無料合同説明会・無料体験レッスンも開催中!

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク
   

関連情報