KEC外語学院ブログBlog

100歳になっても英会話継続!?:やる気を落とさないコツ

継続は力なり

みなさんこんにちは、Keiです。
しかしこのブログの更新と言うのはなかなか良いトレーニングになりますね。
物事を続けるコツ、というのが見えてきます。

昔マスターズ(100歳以上)で日本記録を持つご高齢の陸上選手が、「続けるコツはちょっとずつさぼることだ」と言っていました。
その方は毎日の筋トレを何十年も欠かさず続けてこられてきたそうです(サラッと書きましたが相当すごいことです)。
毎回回数を決めてやる、ですがその回数を守れないとモチベーションが下がる・・・という悪循環にならないために、予め「回数は少ない日があっても良い」と捉えていらっしゃるようです。
英語学習にも通じますね。

モチベーションを維持するには?

「やる時はやる、でもやらない時はやらない」( all or nothing )より「やる時はやる、気分が乗らない時でも少しでも続ける」( high or low )という考え方です。英会話学習でも同じですね。

前者の学習の仕方ですと、伸びる時はグンと伸びますがブランクが空くと取り戻すのに多大な(特に気持ち的に)エネルギーが要ります。
後者ですと、やる気が低下している時でも最低限のルーチンをこなしているので、それ以上やる気が下がることがありません。それによって、やる気の振り幅を小さくすることができます。
モチベーションが下がることがあっても、復活までの期間が短くてすみます。

Kei
100歳を超えても英会話学習を維持する方法とは

関連情報