KEC外語学院ブログBlog

英会話で伸びる人の条件③:心に響くフレーズ

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る

4か月ぶりの登場、Dr. K です。
あまりにも久しぶりの登場ですのでこの連載を勢いで始めてしまったことを多少後悔・・・はしておりません。

さて先日、NHKの番組で作家の井上ひさしの特集をやっていました。
井上ひさしと言えば、私は下記の名言が心に残っています。
「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」まさにその通りだと思うフレーズです。
本気になっている人は誰でも、現状に不満を言う暇はないはずなんです。
そうした方からは「なかなか上手く行かなくて・・・」という言葉はまず聞かれません。
「上手く行かないのであればどこをどう変えるか」その一点のみに気持ちが向いているからですね。英会話学習にも共通しますね。

昔、学生気分が抜けない新入社員の時に「この業務がなかなか上手く行きません」と上司に相談したことがあります。
もちろん、「で、あなたはどうしたいの?」の一言で一蹴されました。
振り返ってみると恥ずかしいこと極まりないですね。。。

Dr.K
心に響くフレーズを英会話でも使いこなす

この記事の筆者

KEC外語学院KEC Foreign Language Institute

大阪・京都の英会話スクール KEC外語学院|初心者の日常英会話6カ月マスター~プロ・通訳レベルまで驚異的な上達を可能とする独自のTP指導方式で目標達成公約! 真剣に学習する人のみ募集!できなければ出来るまで、熱誠指導に一切の妥協なし!大阪[梅田/枚方]・京都[烏丸御池]でTOEIC・TOEFL・英検・通訳も学べる英会話教室です。各種講座の無料個別ガイダンス・無料合同説明会・無料体験レッスンも開催中!

 Facebook  Twitter  Instagram  Line@   はてなブックマーク

関連情報