KEC外語学院ブログBlog

旅行・仕事・趣味…英会話シーンで登場する関係代名詞 that

Hi, Keiです。
秋の気配が漂う今日この頃ですが如何お過ごしでしょうか。
今日の記事は、TIME for Kidsの10月1日の「The price of pork」より。
今年はアメリカで干ばつの被害が甚大だった、と以前の記事でも取り上げましたがその続編です。
早速ですがこの英文の主語と動詞を、考えてみてください。

英会話 道案内

旅行・仕事・趣味…様々な英会話シーンで登場する関係代名詞’that’

“Crops such as corn and soybeans that grow in Midwestern states were among the hardest hit.”
勘の鋭い方であれば、that が「関係代名詞」であることに気付かれたと思います。主語は「Crops such as corn and soybeans that grow in Midwestern states」です。(和訳:米国中西部に生育するとうもろこしや大豆などの穀物)となりますね。
ECOP(KECオリジナルテキスト)で、関係代名詞の that は「who や which の代わりに用いる」「先行詞が序数や最上級を伴う場合(the first や the biggest など)は that がよく使われる」と紹介している通り、英会話シーンで意外とネイティブはこのthat を使います。

下記は、クリントン米国元大統領の有名な一節です(和訳は割愛します)
Indeed, I did have a relationship with Ms. Lewinsky that was not appropriate. In fact, it was wrong.
実際の所、私たち日本人が意識的に that を使う必要性は見当たりません。「アウトプットは who や which で。でもインプット(リスニングやリーディング)では that も認識できる」というのが理想ですね。
アウトプットとインプットは分けて考えないと「知っているのに話せない」ということになりかねません。
会話は中学文法+αで、理解力は高校英語まであれば、旅行・仕事・趣味と英語で色々な用が足せます。
Kei

関連情報