KEC外語学院ブログBlog

英会話で伸びる人①:知らない英単語で諦めない!

知らない英単語で英会話を諦めない!

こんばんは Dr. K です。
このブログでは主に「受講生の体験談」「TIME for Kids で英語力up」という2つの記事をアップしていますが、今日から3つ目の新連載を始めます。

内容はズバリ、英会話で伸びる人の条件です。これまで老若男女、数百人の生徒さんを指導させて頂いた経験の中で、英語力を伸ばせる人の共通項をお伝えしていきたいと思います。(難しい話ではなく、ごく当たり前な事柄についてお話します)何回連載が続くかは、分かりません(笑)。
初回のテーマは「英単語」です。早速ですが、これから3題テストをしてみます。それぞれの表現を、英語で言ってみてください!
 1.彼らは来年新規事業を立ち上げる予定です
 2.上司は優柔不断なんです
 3.昨日接骨院に行きました

こうした表現にどう答えるかに、生徒さんの個性が表れてきます。伸びていかれる方は「英単語を知らない」というだけで会話を諦めない方です。
言い換えれば「単語を知らない場合でも何とかコミュニケーションを取ろう」とされる方です。そうした方であれば、
 1.They’re going to start a new business next year.(立ち上げる、なんて単語は知らなくても startでとりあえず表現しよう)
 2.My boss can’t decide anything.(優柔不断、という英単語もありそうだけど他の表現で言い換えよう)
 3.I took some massage yesterday.(接骨院、は無視!マッサージを受けたと言えば通じるのでは)
といったような表現が返ってきます。

英会話で大事なのは「英語で意志を伝える」ことですから、ネイティブのようにカッコよく、洒落た語彙を使い回そうという発想は無い訳です。
ところがこうした「シンプルな英語で表現する」「知っている単語で表現する」スキルは巷で言われているほど簡単な事ではありません。
次回はその辺りの話をしたいと思います。

Dr.K
英会話 英単語

関連情報