KEC外語学院ブログBlog

英会話で必要な単語のアウトプット方法

こんにちは。KEC外語学院の川本です。冬期講習の年末講座が無事終了し、参加者の皆様から予想以上のお褒めのお言葉を頂戴し、心より感謝しています。今回の参加者の皆様は、全員やる気に満ちた方々で、最終日の3日目の講座は延長しましたのでお疲れだとは思ったのですが、レッスンを終了しても皆様なかなかご帰宅されず、その後、意気投合して、私もお誘いを受けたのですが、皆様でお食事に行かれました。きっと英会話に関する前向きなお話をされていたと信じています。今回は、年末講座でもお話しした、日々のアウトプットの大切さをお伝えさせて頂きます。

独り言英会話を毎日実行

とにかく、日々思ったことを英語で口に出す。初習者であれば意外と出てこないものです。例えば、階段を下りるや、引き出しを開ける、など基本的なことが言えないことに気付いたりします。このことが大事なのです。最初は、自分の部屋にある物全てを辞書を使わず英語でいえるか試してみて下さい。それから辞書やアプリで詳しく調べ、その単語を使って文に出来るようにします。そして、自分の行う動作を正確に言えるよう反復練習します。それから、感情を伝える単語を調べ、「昨日は、残業したので疲れた。」などを言えるようにします。良い日も悪い日も、ぶつぶつ英語で独り言を言ってみて下さい。当学院では、授業で習った箇所は、次回のレッスンまでに応用練習をして下さいとお伝えしています。私のクラスでは、その応用練習を独り言英会話の中で、練習して頂いています。

道案内を英語でする

私の生徒さんには、京都や奈良にお住まいで、道案内をしたいのでご入学をして頂いた生徒さんもいらっしゃいます。この道案内も、ご経験がある方も大勢いらっしゃると思いますが、言えそうで言えないもんです。私も留学時に経験があるのですが、留学生同士で、お一人は最寄駅からご自宅までの道順を英語で伝え、もう片方の生徒さんは、一方の生徒さんの英語を基にして地図を書くのです。とても楽しかったですがなかなか上手くいかないものです。実は、この練習はお一人でも練習できます。いろんな場所で、今外国人に道を聞かれたらどう説明しようかと考えるのです。小声でもいいし、声を出さず口パクでも構いません。「交差点を左に曲がって、歩道橋を渡って下さい。」と言えないものですよ。この場合も後で必ずアプリや辞書で単語を調べ、分からないところは詳しい方に聞いてみて下さい。このトレーニングは、私自身の経験の中でも凄く効果がありました。

以上のことを日々心がけていただきますと、英語で伝える力がかなり付きますので、挑戦してみて下さい。また、当学院の冬期講習年始コースで、話すための構文を作る練習を徹底的に行いますので、ご興味のある方は、是非、お問い合わせ下さい。

 

英会話に必要な単語のアウトプット方法

 

 

 

この記事の筆者

KEC外語学院KEC Foreign Language Institute

大阪・京都の英会話スクール KEC外語学院|初心者の日常英会話6カ月マスター~プロ・通訳レベルまで驚異的な上達を可能とする独自のTP指導方式で目標達成公約! 真剣に学習する人のみ募集!できなければ出来るまで、熱誠指導に一切の妥協なし!大阪[梅田/枚方]・京都[烏丸御池]でTOEIC・TOEFL・英検・通訳も学べる英会話教室です。各種講座の無料個別ガイダンス・無料合同説明会・無料体験レッスンも開催中!

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク
   

関連情報