KEC外語学院ブログBlog

Enjoyボキャビル:『男のニオイ、徹底洗浄』考 

語源・町のお医者さん・水守勤三です。

早速ですが、語源に大いなる関心を寄せる私に、最近、テレビのコマーシャルでとても気になるものがあります。ロート製薬の『男のニオイ、徹底洗浄』の『デ・オウ』です。

商品名『デ・オウ』考

早速、『デ・オウ』のホームページを覗いてみましたが、命名の謂れには触れられていませんでした。気になる人は他にもおられるようで、Yahooの知恵袋に、フランス語から来ているのではないかというベストアンサーがありましたが、商品の内容とは結び付きにくい内容であるように感じました。以下は、外れている危険性も大いにある私個人の推測です。決して、他の人には広めない、というお気持ちでお読み頂けると幸いです。

効果抜群の接頭辞”de-“

日本語表記は『デ』と『オウ』の間に『・』があり、命名された方が明らかに『デ』と『オウ』を分けたがっておられることは明白です。かつ商品が『ニオイを消す』=『ニオイを取り除く』ものであることから、私は接頭辞“de-”を当てはめました。

接頭辞“de-”はこれまでにも何度か取り上げていますが、意味を私は『離れて・下へ・完全に』とまとめています。この先頭の『離れて』が、“ニオイが体から離れて行く”というイメージに繋がると見ました。

次に後ろの『オウ』です。『男のニオイ、徹底洗浄』ですから、当然「ニオイ」に関係しているはずです。英語に置き換えると、smellがまず浮かびますが、最近ではaromaも定着しているでしょう。また、アル・パチーノ主演の映画“Scent of a Woman”のscentも浮かんでこられる方もおられるでしょう。このあたりで、和英辞典で「ニオイ」を引いてみてください。odorという単語が出てきます。ジーニアス英和辞典でodorを引くと、「香気にも用いるが、主に臭気」とわざわざ注意書きがされています。また、発音記号の先頭は〔ou〕と二重母音です。

de-=離れて』+『odor=臭気』=『男のニオイ、徹底洗浄』!

この等式、成り立つような気がするのですが、如何でしょうか。

decide, depend, descend, declare, devalue, deceive, demote, deduction, deviation, deregulation, dementia, deconcentration, declassify … 等々、”de-”の気持ちが分かれば意味が自然に浮かんでくる単語たちがたくさんいます。

『“odor=ニオイ”それは知らないよ~』とすぐに諦める材料を探してしまわれる方、これから暑くなるシーズン、カバンの中に“デ・オウドラント効果”のスプレーなどが入っているのではないでしょうか。

もし、ロート製薬の方のお目にこのブログが止まりましたら、私の解釈が的を射ているかどうかを教えて頂けますと嬉しいです。お待ちしております。

毎月第4木曜日に引っ越します

さて、これまで毎月第1・第3月曜日に更新をしてまいりました語源のブログですが、色々な角度から皆様に情報を提供させて頂きたく、語源の登場回数を月1回のペースにさせて頂くことになりました。毎月第4木曜日に登場致しますので、引き続きお読み頂けると幸いです。「まだ、5月に第4木曜があるぞ」というお声もあるかと存じます。コマーシャルひとつで、これだけ語るくらいですので、もちろん5月の第4木曜日も登場致します。お楽しみに。

関連情報