KEC外語学院ブログBlog

日常英会話表現の覚え方(映画鑑賞後の自主学習の勧め)

               映画を使った英会話表現の覚え方

日常英会話表現を覚える方法(映画鑑賞後の自学習)をご紹介

こんにちは、久々に登場致しますKEC外語学院のDr.Kです。先日の休日に4度目のStar Wars: Episode VII – The Force Awakensを観てきました。その時、初めて4DXを体験したのですが、すごい技術です。映画は観るものから体感するものに変貌していくことを予感しました。さすがに同じ映画を4度も観ると、話の流れや印象的な台詞などは頭にインプットされています。そこで実際の映画の台詞を色々と調べてみましたので、それらをご紹介した上で、映画鑑賞後の自学習に適した日常英会話表現の覚え方をご紹介したいと思います。まずは、以下をご確認くださいませ。

Where are the others?
(ECOP§189-1 Where are the others?)

I was ashamed of what I was.
(ECOP§241-2 I’m ashamed of what I used to be.)

Take care of yourself.
(ECOP§184-3 Take care of yourself.)

I see you running.
(ECOP§255-2 Where did you see them jogging?)

People are counting on us.
(ECOP§191-1 Don’t count on others.)

You’re making a big mistake.
(ECOP§84-2 He won’t make the same mistake.)

I can’t explain it. And you wouldn’t believe it.
(ECOP§85-5 My house is very small. You wouldn’t believe it.)

They’re in trouble.
(ECOP§141-6 If you break the rule, you’ll be in trouble.)

I’ve been waiting for this day for a long time.
(ECOP§182-4 I’ve been waiting for this news since the accident.)

暗記はあくまでスタート

初級のECOPからだけでもパッとこれぐらいの同一もしくは類似表現が見つかります。中級準備や中級レベルの教材にはもっとたくさん似た例があります。(いつかブログ上で紹介しますね)このような英語鑑賞後の自学習よって日常英会話表現を覚えるという方法もございます。何が言いたいかと言うと、ECOPの暗記はあくまでスタート地点であるということです。毎回のレッスン冒頭にホームワークチェックがありますが、宿題消化に余裕が出てきたという方はその先を見据えてみてください。繰り返しますが、ECOPはゴールではなくスタートです。

Dr.K

関連情報