KEC外語学院ブログBlog

大学受験終了後の英会話学習の目標とは~枚方本校より~

皆様こんにちは!枚方本校所長の石井です。秋が近づいてきたと思いきや、また気温が上昇し、夏に逆戻りかと思わせるような陽気ですね。朝晩の寒暖差が激しいので、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

さて、KEC外語学院では、社会人の方のみならず、学生の方にも多くお通いいただいています。特にこの時期は指定校推薦で大学合格が決まったばかりの高校3年生の方も枚方本校にお越しいただいています。長かった受験勉強が終わったばかりというのに、皆さん本当に前向きに英会話学習に取り組んでいます。では、英会話学習に取り組む目標って何なのでしょう?

夢の実現に向けて

ある高校3年生の方は、航空会社のグランドスタッフになりたいという目標を持っていらっしゃいます。またある高校生は大学入学後、留学をしてみたいという目標をもっています。高校時代に学校の英語弁論大会で自分の話した英語を聴衆の皆さんに理解してもらえたことで、これからさらに英語に磨きをかけたいという高校生もいらっしゃいます。本当に皆さん前向きですよね。このように、夢や目標を持って受験が終わったばかりにも関わらず、継続して英語を学習する姿勢は本当に素晴らしいと思います。

英語学習は先の見えないゴール

高校生や大学生はこれからTOEIC®︎やTOEFL®︎、英検®︎を受ける方もたくさんいるでしょう。留学や就職の際、一定以上のスコアを取得することを目標に頑張る生徒さんもたくさんいらっしゃいます。ただ、一定以上のスコアを取得することが英語学習のゴールではないですよね。英語を学習する大きな目標は「使いこなせるようになること」だと思います。たとえ、TOEIC®︎やTOEFL®︎で高いスコアを持っていたとしても、使いこなせるとは限らないんです。その「英語を使いこなせるようになること」は果てしなく遠い道のりだと思います。

「志望校合格」という高校3年間の「長期的目標」を達成した高校生の皆さんには、「英語を使いこなせるようになること」を長期的目標において頑張ってもらいたいと思います。枚方本校では、そんな前向きな姿勢を持った高校生から社会人の皆さんも大きな刺激を受けています。皆様の目標達成に向けて熱誠指導いたします!

IMG_1350

KEC外語学院 枚方本校

 

この記事の筆者

石井 悠介Yusuke Ishii

大阪府出身。学生時代、異文化研究を専攻し、アメリカへ異文化調査で数度、渡航経験がある。卒業後、ワーキングホリデーにてカナダ・バンクーバーに1年間滞在。現地では英語で日本語を教える「間接法」で日本語教師を経験。生徒にわかりやすい指導法を現地で習得し、指導することの楽しさとともに英語の奥深さを体感。帰国後、教育業界に従事し、小学生から高校生を対象とした進学塾にて英語を中心とした文系科目の指導経験を経て、KECの教育理念に共感し、KEC外語学院の英会話講師へ。活気のあるクラス作りと分かりやすい授業をモットーとしている。

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク
   

関連情報