KEC外語学院ブログBlog

TOEICのリスニング問題対策にも必要な関係代名詞をマスターしよう!

TOEICのリスニング問題の対策にも必要な関係代名詞をマスターするには

ご無沙汰しております。KEC外語学院のDr. Kです。今日は久しぶりに英会話クリニックと参りましょう。
It’s getting colder and colder day by day.というセンテンスに素早く反応頂けた方は、ECOP初級レベルを着実に自分のものにできていますよ。She’s had a cold since last Friday.というセンテンスにピーンと来られた方は、ECOP初級レベルを確実に身に付けておられますね。

今週11/17(日)は関係代名詞特別講座の入門編でした。
11/24(日)は梅田本校にて応用編が行われます。興味のある方は是非、ご連絡を!!
この関係代名詞、日本語には無い語法なのですが、TOEICのリスニング問題などでも出題されることがありますので、使いこなせるようにしておく必要があります。“関係”という言葉が misleading なのですが、これは『接続する』、『くっつける』という意味合いです。名詞 + 動詞 = 関係代名詞ということです。関係代名詞は一つの大きな名詞と理解してください。名詞なので主語、補語、目的語になるわけです。これらを理解すれば、後は練習あるのみです。

Ex.主格の関係代名詞 whoを使ったセンテンス

that girl who is speaking English there (そこで英語を話しているあの女の子)

「あの女の子/英語を話している/そこで」といった感じです。

I know that girl who is speaking English there. S + V + O (O目的語の部分が関係代名詞節)

私はそこで英語を話しているあの女の子を知っています。

That girl who is speaking English there is my sister.  S + V(Be) + C (S主語の部分が関係代名詞節)

そこで英語を話しているあの女の子は私の妹です。

My sisiter is that giril who is speaking English there. S + V(Be) + C (C補語の部分が関係代名詞節)

私の妹はそこで英語を話しているあの女の子です。

英会話においてこのように使うことができます。是非、しっかりと練習し、TOEICのリスニング問題にも対応できるようにしておきましょう。

toeic 問題 リスニング

Those who make a lot of effort will be successful.
What you need is practice!
See you next time.
Kei

関連情報