KEC外語学院ブログBlog

英会話においてネイティブもよく使う助動詞(A Seminar on Auxiliary Verbs)

英会話においてネイティブもよく使う助動詞を使いこなそう!

こんにちは、KEC外語学院のKeiです。桜が咲き始めました。まさにSpring has come.を実感しています。
本日は梅田本校と枚方本校にて、無料公開セミナーを行いました。テーマはズバリ、助動詞。助動詞とは読んで字の如く、動詞を助ける言葉です。動詞の意味を膨らませてくれる優れものなのです。日常会話においていネイティブスピカ―も非常に良く使う傾向があります。今回は、can, will, shall, shouldなどに今日は焦点を当てましたが、canは主に何かを依頼する際や許可を求める際によく使われますね。例えば「明日、私の代わりにその仕事をやってもらいない?」(Can you do the job for me tomorrow?)とか、「その机のコンピュータを使ってもよろしいですか?」(Can I use the computer on the desk?)という場合に使うことができます。また、shouldは誰かに何らかのアドバイスをする際に使えますね。次のような場合です。「国に帰るまでにそこに行っておいた方がいいよ。」(You should visit there before you go back to your country.)
このよう英会話において助動詞はネイティブの間で頻繁に使用されています。そして、 助動詞のポテンシャルはまだまだあります。機会があれば、どんどんECOPを片手に助動詞を練習してみましょう。
You must do what you can while you can the best way you can!

Kei

関連情報