KEC外語学院ブログBlog

Don’t be afraid of making small mistakes! 英会話も挨拶と同じ、とにかく実行することに意味がある!

 

英会話を始める前にまずは挨拶から

挨拶も英会話も、まずはとにかく実行!

こんばんは、Keiです。ECOPに精通している方なら、タイトル名を見てセクション何番だ!と即座に答えられるかもしれませんね。

探偵ナイトスクープの探偵に学ぶ積極性

昨日(12/19)の探偵ナイトスクープをご覧になった方はいますか?なかなか尾篭な依頼ではありましたが、前田探偵の”Do you from country?”が立派に通用していたのは驚きでした。ちなみに正しくは、”Where did you come from?”や”Where do you come from?”または”Where are you from?”などの表現があります。その前に、HelloやHiなどのワンクッションを入れるのも良いでしょう。このように、正しく話すことはもちろん大切です。しかし、それ以上にスピークアウトする姿勢も必要なのですね。もちろん時と場合によりけりですが、英会話(に限らずどんな言語の会話でも)間違いを恐れて話さないよりも、多少は間違えても話しかけた方が良いと思います。このあたりは挨拶の精神と効用に通じるものがあるかもしれません。京都の町を歩いていると、時々拙い日本語で話しかけてくる外国人旅行者がいますが、少々日本語が拙くとも私は好感を抱きます。皆さんはどう感じますか?


Kei

関連情報