KEC外語学院ブログBlog

Enjoyボキャビル:KEC式・英単語三段跳び記憶法!

語源・町のお医者さん・水守勤三です。これまでの第1・3月曜パターンから、第4木曜日に更新することになり、今月3回目の登場です。次回までひと月お会いできませんので、『男のニオイ、徹底洗浄』といった前回とは趣を異にして、今日は、少し語源らしい部分をご紹介してみます。

『KEC式・英単語三段跳び記憶法』

次の語を英語に直してみてください。

〔部分・出発・えこひいき〕〔記号・デザイン・辞職〕〔発表する・発音する・非難する〕〔労働・実験室・念入りに〕

上手く飛べましたか。英語でやってみましょう。

partdeparturepartiality 〕〔 signdesignresignation 〕〔 announcepronouncedenounce 〕〔 laborlaboratoryelaborately

如何ですか、ホップ・ステップと飛べたのに、最後のジャンプが、とおっしゃる方が多いのではないでしょうか。それぞれの〔 〕には、共通の語幹があり、そこに接頭辞や接尾辞が付いて意味を広げていっています。

少し変化させますが、impartial, consign, renounce, elaborativeような4つの単語の意味がすっと出る方は、かなり語彙力を持っておられる方でしょう。多くの方にとっては、決して楽な単語ではないと思います。このような難しい単語に出くわした時、折角、辞書を引くのであれば、意味を見て『あぁ、そうですか』と確認するだけでなく、語源の欄にも目を通してみて、目の前の難しいと思われる単語がジャンプになるように、ホップとステップの単語をセットにしてしまう、それが『KEC式・英単語三段跳び記憶法』です。

時には、語源だけでは語れないように思われるようなものも出てきます。

輝くGL”、後ろが”鼻のSN”

〔氷河・栄光・白熱光〕〔いびきをかく・くしゃみをする・くんくん嗅ぐ〕=〔 glaciergloryglow 〕〔 snoresneezesniff 〕というようなものも出てきます。

前が”輝くGL”、後ろが”鼻のSN”と、業界の人間が呼んでいる綴りです。辞書の語源欄の説明では異なる部分があるのですが、印欧祖語(=インド・ヨーロッパ語族)にまで遡り、共通性を見出そうとする人もおられるようです。

私は、輝くGL”というまとめ方のお陰で、glowgrowがイメージレベルで別物になっています。〔 growgrassgreen =”成長のGR”、grassと言えばglass、またGL、そう、ガラスも”輝き”ます。

『語源は言葉の考古学』と言います。恐竜の骨や古代の人たちが使った器の破片が、英文の中にごろごろと眠っているようで、ワクワク感満載です。どうぞ、皆さんもご自分の語源ツアーをお楽しみください。

それでは、1ヵ月後に、お会いしましょう。

関連情報