KEC外語学院ブログBlog

Enjoyボキャビル:一年で太陽が一番高く___日=夏至

語源・町のお医者さん・水守勤三です。仕事を早い目に切り上げて外にでると、まだ日が残っていて疲れていたはずの身体が軽くなるのを感じるのは私だけでしょうか。夏至は過ぎたというものの、日が長い今日この頃です。さて今日は、そんな「夏至」を取り上げてみましょう。

夏至 = summer solstice”なんて、難しい単語!」?

日本人の英語学習の習慣のひとつに、「中学・高校で習う単語が“普通の単語”で、それを超えるものは“難しい”単語」という考え方があるように思うのですが、如何でしょうか。solsticeは高校で扱われるかも知れませんが、一般的に“難しい単語”と考えられると思います。しかし、普通に生活していて「夏至・冬至」は自然に口に出てくる“普通の言葉”ではないでしょうか。“難しそうに見える単語”でも日常の会話に出てくる語はどんどん身に付けていってしまえば、活き活きとした英語の世界が生まれることでしょう。“難しそうに見える”=“語源が明確”という法則性が多くの語に当てはまります。チャレンジしてみてください。

solstice に何が見えますか

solstice に一箇所だけ切れ目を入れるとするとどこに入れますか。ヒント、“結果としてできる2つの部分は結構お馴染みのパーツ”です。「夏至 = 昼が一番長い = 太陽が長い間出ている」⇒「太陽 = sun = solar」・「出ている = 居る = 立っている = stand 」 そうです、sol-sticeと分けることができます。どうですか、「太陽が立っている = solar + stand = solstice」印象に残せるのではないでしょうか。

sti-, sta-, st-, -sist はstand と覚えましょう!

stage, standard, statue, stature, constant, contrast, obstacle, obstinate, resist, assist, insist, persist, destination, substance, constitution, institution, superstition … 如何ですか。これらはすべてstandのグループです。「立つ」だけでなく「立たせる」という意味からsetとも繋がっていく語もありますが、ここは大きな気持ちで「sti-, sta-, st-, -sist stand」でいきましょう。

太陽が一番高い位置に立つ=夏至=the summer _______、一番低い位置に立つ=冬至=the winter ______、如何ですか、記憶に残ったのではないでしょうか。

語源の魅力とは

umeda_320_100

 

 

この記事の筆者

水守 勤三Kinzo Mizumori

大阪市出身。関西外国語大学・英米語学科卒業後、KEC教育グループ(英会話・予備校部門)入社。一貫して英語教育の第一線で現場指導に携わると共に、カリキュラム・指導法開発を担当。それに並行して、KEC独自の「TP指導システム」開発にも携わる。数十年の語学・英会話指導経験から、日本人が英会話を習得するうえでの学習・指導ポイントを熟知。「学習する者は教える者の人間性と意気に感じる」を信条に、授業に情熱を注ぐ傍ら、今も指導法の研究を続ける。

Facebook シェア
Twitter ツイート
LINE LINEで送る
はてなブックマーク
   

関連情報