KEC外語学院ブログBlog

Wimbledon 2015 is over 生きた英語に触れて英会話の上達を

                テニス選手に学ぶ生きた英会話表現                 

杉山選手からフェデラー選手へのメッセージ

こんにちは、Keiです。テニスのウィンブルドン大会が終わってしまいました。これでやっと夜更かしから解放されるという方も多いのではないでしょうか。昨日、正確には7/13の午前2時頃でしたか、WOWOWで杉山愛元選手から、準優勝のRoger Federer選手にVideo Messageを送っていました。杉山さんはテニスのグランドスラム大会連続出場記録consecutive Grand Slam appearancesの世界記録保持者(なんと連続62回のエントリー!)だったのが、今回フェデラー選手に破られてしまったとのこと。そこで杉山さんが送ったメッセージが、「私は自分の子どもにあなたのテニスを見せたい。だから I want you to keep playing for at least another ten years 」というものでした。10年という数字は非現実的かもしれませんが、フェデラーならイチロー選手みたいに40歳を過ぎてもやってくれているかもしれません。

another ten years

さて、ECOPを読み込んでいる方でしたら、another ten yearsにピンと来たことでしょう。私はレッスンではよく、歯医者さんや散髪屋さんで「5分ほどお待ちください」を思い浮かべるように言います。そして4~5分後に、「すみません、もう5分お待ちください」というのが、another five minutesですよ、と説明をしています。杉山さんのいうanother ten yearsもこれと同じことです。フェデラー選手がグランドスラムタイトルを獲得してから10年近くになりますが、さらに追加でもう10年!というわけです。

生きた英語に触れよう

英語に限らず、勉強というのはテキストを飽きるまで読み込んでからが本当のスタートです。英会話の上達のために映画でもニュースでも歌でも良いので、生きた英語に触れる時間を作ってみましょう。きっと得られるものがあります。

Kei

関連情報