KEC外語学院ブログBlog

大人が英会話の際の発音を正しくするためには

             英会話での発音の、大人になってからのトレーニング

シン・ゴジラの石原さとみさんの英会話の発音は?

こんにちは、KEC外語学院のKeiです。「シン・ゴジラ」が予想以上のヒットになっていて、邦画もまだまだやれるというところが証明されてるように思います。概ね高い評価を得ているシン・ゴジラですが、準主役の石原さとみ演じるカヨコ・アン・パターソンだけは、低評価を受けているようです。その理由としては、彼女の英語の発音の拙さにあるようですが、私は個人的にはよく演じられていると評価しています。そこで、今回は英会話の際の発音を正しくできるようにする大人用のトレーニング方法をご紹介致します。日系三世アメリカ人ではないですが、数多くいるアメリカからの帰国子女は往々にしてああいうテンションで話しますし、YouTubeにあるアメリカ人の映画レビュービデオでも、「発音は時々変だけれども、全体的に通じるし、上手な英語である」という評価が多いです。大切なのは、美しく発音することよりも、通じるように発音することです。私もレッスン中に時々言及することがあるのですが、ハリウッドで歌手や俳優を目指すのでなければ、美しい発音にこだわる必要はありません。しかしながら、美しくは無理だとしても、正しく発音をしないとネイティブスピーカーには通じない時がありますよね。皆さんも何度言っても通じなかったというご経験はないでしょうか。

大人になってから正しい発音を身に付けるには

子供であれば、感覚で正しい発音を自然と身に付けることが可能ですが、大人の方は同じ方法では身に付けることができません。英会話の際の発音を正しくできるよう大人の方がトレーニングするには、まずは発音記号を正しく読める必要があります。やはり発音に関しても論理的に音のパターンを理解した上で、トレーニングを行った方が効率よく正しい音を身に付けることができるのです。その上で、音のつながりなどに関しても、論理的にパターンを理解し、トレーニングする必要があります。このあたりについては、機会を見て、詳述してみたいと思います。

Kei

関連情報