KEC外語学院ブログBlog

英語教師と受講生、テストされているのはどっち?

英語のテストで生徒にサポートを誓う教師

受講生こそは教師の鏡

こんにちは、Keiです。KEC外語学院の受講生の方は主に社会人の方ですが、一部大学生や高校生、時には中学生もいたりします。そうした学生諸君も今やテストの時期。これを乗り越えて年末年始を楽しんで欲しいと思いますし、受験生であれば本番前のラストスパートとして、さらにギアを上げてほしいと思います。今日は休憩時間中にたまたま興味深いtweetにencounterしましたので、以下にご紹介しましょう。

誰が為のテスト

テストの本来の目的とは、教師が自分の授業で生徒に正しく教えることができているのか、改善するべき点はあるかを確認するためのものである。よって、テストの点で成績をつけるべきではないし、テストの点数が悪くて反省するのは生徒ではなく教師である


当学院でも様々な種類のテストが実施されています。Placement Testや教育訓練給付金のテスト、クラスがレベルアップする際の進級テストやTOEIC IPテスト、ペーパー版TOEFLの模擬テストなどなど…  我々スタッフも、上の言葉を肝に銘じる必要があると痛感します。

Kei

関連情報